井上浩樹 WBO.APスーパーライト級タイトル獲得‼︎ | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

井上尚弥のいとこ・浩樹がアジア王者「自信にはなった」スポーツ報知

>
井上尚弥のいとこ・浩樹がアジア王者「自信にはなった」

◆プロボクシング ▽WBOアジアパシフィック・スーパーライト級王座決定戦12回戦 ○井上浩樹(7回3分8秒 KO)ジェリッツ・チャベス●(2日、東京・後楽園ホール)

【写真】井上尚弥「面白くなってきたぞ」

 WBOアジアパシフィック・スーパーライト級王座決定戦が行われ、WBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(26)、前WBC世界同級暫定王者・井上拓真(23)兄弟のいとこで同級1位・井上浩樹(27)=大橋=が同級5位ジェリッツ・チャベス(28)=フィリピン=を7回3分8秒、KO勝ち。日本同級王座との2冠となった。デビューから15連勝(12KO)。日本フライ級13位の“井岡2世”桑原拓(24)=大橋=はリカルド・スエノ(25)=フィリピン=に判定勝ちした。

 尚弥、拓真兄弟が見守る中、浩樹が左ストレート一発で新王者に輝いた。序盤、慎重な試合運びを見せると、「打て、打て!」と尚弥から“ゲキ”。相手の強打への警戒と初の12回戦を考えてのことだったが、「その通りだと思った。歯がゆい気持ちでやっていた」という。それでも「右フックで警戒させて左につなげる」狙い通りに一発で沈めると、米国から帰国し会場に直行した大橋秀行会長から弾むような万歳で祝福された。

 「手応えはありました。ダウンもKOもないと聞いていたので自信にはなった」と井上浩。同門で同階級の平岡アンディ(23)が米興行会社大手のトップランク社と契約、30日の米デビュー戦で2回KO勝ちした。「周りからの刺激がたくさんあるが、自分が刺激を与えられる存在になれれば」と井上浩。これで世界ランク入りが濃厚となった。「来年、勝負の年になる。チャンスがあれば、自分より強い人とぶつかってみたい」と、さらなる高みを目指す。



…おっ


二冠王やりました


アジア圏からさらなる高みを目指すにはかなり底上げしないと…


何しろ、スーパーライトですからね


期待してます


携帯更新