辰吉寿以輝、日本5位中村誠康に挑む、について | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

不在の関西世界王者…スター性漂う辰吉の次男に期待 日刊スポーツ

>現在のボクシング界の勢力図は、完全な東高西低の構図が描かれる。関西のジム所属の世界王者はWBC世界ライトフライ級王者の寺地拳四朗(27=BMB)1人だが、関東での興行が主で「関西の王者」というイメージは抱きにくい。

言うまでもなく、関西はこれまで多くの名王者を輩出している。自分がかつて、担当していた中でも辰吉丈一郎長谷川穂積徳山昌守、そして大阪在住時の亀田3兄弟、井岡一翔ら。実力も個性もあった世界王者が存在し、関西での世界戦興行も常だった。

その当時に比べ、今は4団体が日本ボクシングコミッション(JBC)に認定され王者乱立と、見ている側、ファンにとってはその価値観を正しくすべき時代といえる。その中でも原点に戻るが、関西に世界王者不在はあまりに寂しい。救世主登場を願う上で、大きな期待を寄せているのが辰吉の次男、寿以輝(23=大阪帝拳)だ。

ここまで12戦全勝(8KO)と順調にキャリアを重ねるも、ケガが多く8戦目で世界をとったおやじに比べてステップアップに時間がかかっている。それでもスター性は自然に漂う。裏事情として日本、東洋太平洋のランカーに対戦を打診しても、相手にとってはまるで“うまみ”がなく、避けられてきた経緯がある。その中で次戦は、注目の一戦が組まれた。

12月17日にエディオンアリーナ大阪第2競技場で日本バンタム級5位の中村誠康(27=TEAM10COUNT)とスーパーバンタム級(リミット55・3キロ)の契約ウエートで8回戦を行う。初の日本ランカーとの対戦で勝てば日本、東洋太平洋の上位ランク入りは確実。ジムの吉井寛会長も「来年に向けて節目の試合になる」と明言した。

寿以輝は「決まってうれしい。(相手がランク)上でいいです。気持ちで負けない。自分の方がパンチあると思う。必ず倒して勝ちます」と宣言した。「カリスマ辰吉」の信奉者はいまだに多い。その期待を必然にかけられる。「重い」と思うが、関西ボクシング界の起爆剤としても次戦をステップに、来年は一気に駆け上がってほしい。



…ううむ

まさに、試金石となる一戦であります

記事には東洋ランカーに忌避されてきた、なんてありますが、実態は違うんじゃないかな

まだ早い、まだ早過ぎる…と、じわじわと地力を付けるために時間を使って来たのが実態であり、潰さないよに強くする、つまりは温室培養を続けてきたのが本当のところでしょう

その証拠に新人王にはエントリーせず、対戦相手を厳選してきた経緯は否定できまい

もちろん、稀代のスーパースターを父親に持つ寿以輝選手にはドラマチックに世界チャンピオンまで駆け上がって欲しい気持ちはあります

…が、現実はそう優しくはない

寿以輝選手が日本ランカーに圧倒的に勝利するのは難しいでしょう

お父さんがプロデビュー僅か4戦目で時の日本チャンピオンの岡部さんを豪快に倒してしまったようにはいかない、と思います

ただ、やはり、稀代のスーパースターであるお父さんと比較されてしまう宿命を背負っている現実と向かい合わねばならず、本人も陣営も歯を食いしばってきたことと思います

で、そんな外野からの厳しい目線を意識しながらも、ついに、ついに腹を括った、つまり、勝負の時を迎えるわけですな

ざっくばらんに申し上げれば、正直、僕は寿以輝選手には荷が重いと思う

世界チャンピオンはおろか、日本チャンピオンもかなり厳しい、と思っています

日本タイトルの頂はかなり高い

死ぬ気で戦う日本チャンピオンはある意味、世界チャンピオン以上の強さを誇っている、と言えますね

技巧や力強さでは世界チャンピオンには及ばないでしょう

でも、精神力は世界チャンピオン以上に鬼気迫るモノを保持している、と言える

さらに、そんな日本チャンピオンを倒そうと牙を磨き続ける日本ランカーもまた同様に凄まじき執念と根性を鍛え続けてきている

寿以輝選手、実は、チャンピオンになるならば東洋太平洋かWBOアジアの方が戴冠の可能性は高い、と思っていました

ただし、タイ選手やフィリピン選手がチャンピオンとなり、その選手を日本に呼び、戦う

その為のランク獲りもアジアンボクサーを狙った方がやさしい道筋であった、と考えていましたし、そうするのだろうなのぁ、と想像してました

が、そんな選択を捨てて、骨太なる日本ランカーを選んだことはかなり評価できます

寿以輝選手、その未来を賭した大いなる勝負の時を迎えます

そんな話題性のある寿以輝選手との対戦を受けた日本5位の中村選手にもまた敬意を払いたい

そして、関西の夢のつづきを背負う寿以輝選手を無残にも倒して欲しい

その名を挙げるにはうってつけの相手に違いないし、勝てば日本タイトル挑戦に間違いなく近づく

さらに寿以輝選手にもまた、日本ランカー中村選手を倒して父親の夢のつづきを止まることなく疾走し続けてほしい

どちらにも倒してほしい、であります

激闘必至、でしょうね

両者に期待してますっ‼︎

携帯更新