結果‼︎ ゴロフキン ニューヨーク再起戦っ | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

ゴロフキン4回KO圧勝 カネロとの3戦目要求「9月準備はできている」 デイリースポーツ

>「ボクシング・12回戦」(8日、ニューヨーク)

 元世界ミドル級3団体統一王者のゲンナジー・ゴロフキン(37)=カザフスタン=が8日(日本時間9日)、米国ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンで、再起戦となる164ポンド契約ノンタイトル戦に臨み、4回2分9秒KOでIBF世界同級8位のスティーブ・ロールズ(35)=カナダ=に圧勝した。“GGG”ことゴロフキンの通算戦績は41戦39勝35KO1敗1分けとなった。

【写真】ゴロフキンが初黒星、村田に影響か

 昨年9月、サウル“カネロ”アルバレス(28)=メキシコ=との再戦に0-2判定で敗れ、初黒星を喫するとともに王座を失ったゴロフキン。引き分けだった17年9月の第1戦同様に際どい勝負で、本人は現在も勝利を主張し、第3戦の実現にも意欲を見せている。

 ミドル級リミットを4ポンド(約1・8キロ)上回る契約体重で行われた試合で迎えた再起戦の相手は19戦全勝(10KO)のミドル級世界ランカー。序盤、ガードの固いロールズを攻めきれずにいたゴロフキンだが、3回からボディーを交えて攻略に出る。対応に苦しみ始めたロールズを4回、ロープ際に後退させると、痛烈な左フック一発で前のめりにダウンさせる。ロールズはダメージから足がふらつき、立ち上がることができなかった。

 GGGはリング上のインタビューで次戦について聞かれると、「誰もが知っているし、分かっているだろ。9月に準備はできている。カネロと戦う準備が」と過去1敗1分けの宿敵に対戦要求。「私の準備は十分だ。あなたがビッグショーを見たいのなら、彼に対戦するよう言ってくれ」と自信を示した。

 再起にあたりゴロフキンは3月にDAZNと3年6試合の契約を締結。この試合は、その1戦目でもあった。カネロも同じくDAZNと昨年10月に11試合で3億6500万ドル(約410億円)の超大型契約を結んでおり、両者がラバーマッチに向かう機運は高まっている。


…よしよし

素晴らしい

無敗のミドル級ランカーを4回で粉砕

もう37歳だし、遠回りはしたくない

あぁ

アルバレス3 なんとか実現しないかなぁ〜

頼みますよ

ゴロフキンは非常にジェントルマンで、節制のとれた素晴らしいレジェンド

僕は大好きなんです

今さら我々が語るのも逆によくないと思いますが、アルバレス1は奇妙なる女性ジャッジが試合をぶち壊したからこんなことになってしまったわけですが、あれほどの不条理であっても、それをぐっと腹の奥底にしまってチャンピオンの矜持を胸に戦い続けてます

素晴らしい漢だと思います

アルバレスはドーピング疑惑のある狡いボクサーだけど巨額を動かせるからうやむやにしてもらってる

そりゃぁ強いさ

それは認めるけど、真実は藪の中…な存在

あぁ、なんとか、なんとか漕ぎ着けて欲しいなぁ

アルバレス3…

頼みます、頼みます、頼みます〜っ

携帯更新