ゴロフキン 今日、再起のリングにあがるっ‼︎ | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?

元3団体統一王者ゴロフキン、契約体重で再起戦 日刊スポーツ

>ボクシングの元3団体統一ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(37=カザフスタン)が8日(日本時間9日)、再起戦に臨む。昨年9月、現3団体統一王者サウル・アルバレス(28=メキシコ)との再戦で敗れて以来、約9カ月ぶりのリングは通常のミドル級よりも4ポンド(約1・8キロ)重い164ポンド(約74・3キロ)契約体重12回戦で臨む。

7日(同8日)には、拳を交える19戦無敗のIBF世界同級8位スティーブ・ロールス(35=カナダ)とともに試合会場となる米ニューヨーク市のマディソンスクエアガーデンで前日計量に臨み、163・8ポンド(約74・2キロ)でパスしたロールスに対し、163ポンド(約73・9キロ)でクリアした。

階級変更を視野に入れた契約体重とも思われるが、ゴロフキンは「今でも160ポンド(ミドル級)の選手だと考えている。気分も160ポンドの時と同じ。試合当日も増えても170ポンド未満だろう」とミドル級で勝負する構えだ。スポーツ動画ネット配信のDAZNと3年6試合の契約を結んだ後の初試合。既に米メディアには今年9月、同じくDAZNと契約するアルバレスとの3度目対決の可能性があると報じられる。

ゴロフキンは「毎晩、このファイトを夢見ているとは言えないが、9月に95%は起こるだろうと思う」とアルバレスとの3度目対決の可能性の高さを口にした。さらに「(3度目は)ボクシングではなく、ビジネスとして戦うことを考えている。前(引き分けと判定負け)の2試合は勝ったと思った。誰かに何かを証明する必要はない。証明に必要なものはすべて証明してきた。これはただのビジネス」とクールだった。



…ゴロフキンのテクニカルな攻めのボクシングをまだまだたくさん観たい

で、アルバレス3を実現させて、明確な勝利を挙げて欲しいっ

アルバレス1は僕の中ではゴロフキンの勝ち

アルバレス2は際どくもアルバレスの勝ち

つまり、僕の中では 一勝一敗

さて、絶対にいい勝ち方をしていただきたいですなぁ

信じております

携帯更新