WBSS決勝進出 井上尚弥が稼ぎでもモンスターになる日 について | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:
圧勝でWBSS決勝進出 井上尚弥が稼ぎでも“モンスター”になる日 日刊ゲンダイ

>世界に衝撃を与える259秒だった。

 日本時間19日、英国のグラスゴーで行われた階級最強を決めるトーナメント、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズWBSS)のバンタム級準決勝で、WBA王者の井上尚弥(26)が2回1分19秒でTKO勝ち。19戦無敗のIBF王者、エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)から2回に3度のダウンを奪う圧勝劇だった。

「1回KOで勝った昨年のWBSS1回戦に続く衝撃的な勝利を挙げた井上を、(世界で最も権威のある)リング誌をはじめとするボクシングメディアが『モンスター』と一斉に報じた。『世界最強王者』の評価も定着し始め、5階級制覇のドネア(フィリピン)と戦う決勝は世界中の注目を集めることになる。すでに井上には、米国プロモート大手のトップランク社との契約が秒読み段階という話が浮上している。これがまとまって本格的な米国進出が実現すれば、今後は過去の日本人王者とは比較にならないビッグマッチ、つまり、破格のファイトマネーを手にすることになる。1試合10億円以上も夢ではありません」(ボクシングライター)

 日本人王者のファイトマネーの過去最高額は、1994年に薬師寺とWBCバンタム級王座統一戦を戦った辰吉丈一郎が手にした1億1000万円といわれている。井上のファイトマネーは1試合5000万円前後とされ、2017年9月の米国デビュー戦は19万ドル(約2100万円)だった。稼ぎの面でも「モンスター」になる日は近そうだ。




…まぁ、そりゃぁ、それくらい稼いでもらわなくちゃっ

と、感じる一方で、お金がありすぎておかしくなられては困る、とも感じますが、まぁ、家族みんなで頑張ってますし、そういう心配は不要かな

そういえば、奥さまは高校時代の同級生だったと何かで読んだし、ストイックな男なのだよ、井上尚弥という男は… ^ ^

大切なものを見つけたら、とことん それを大切にする…

これ、愛情を高める真理だと思うわけですが、普通の人にはそれができなかったりするのだなぁ

不純なる欲求や打算に溺れて、1番大切なものを失ってしまう

あぁ、耳が痛い

いや、でも、日本ボクシング界の至宝にそんな心配は不要…と信じております

まぁ、一般紙に取り上げられてゆくと、あることないこと書かれてゆくだろうから、どちらかといえば、そっちの方が心配かな

まぁ、井上尚弥選手は大丈夫…と信じております

どうぞ、華麗なるボクシング道の、その王道を駆け抜け続けてくださいっ

携帯更新