結果‼︎ 吉野×アクセル 日本ライト級タイトルマッチ | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:
吉野修一郎が圧巻の4連続KO防衛 日本ライト級戦 BOXINGNEWS

> 日本ライト級タイトルマッチが11日、後楽園ホール「ダイヤモンドグローブ」のメインで行われ、王者の吉野修一郎(三迫)が指名挑戦者のアクセル住吉(関門JAPAN)に7回2分12秒TKO勝ち。4度目の防衛に成功した。試合の模様は13日(土)26時からフジテレビで放映される。

 アマ104勝20敗、プロ入り後も無敗の吉野が“関門のトラフグ”住吉を迎えた。吉野はフットワークとカバーリングで住吉の攻撃をかわしながらジャブで距離をコントロールし、徐々に右、左ボディにつなげていく。

 3回に入ると、吉野はジャブに加えて力強い右ストレート、左フックを次々に打ち込み、4回もボディ打ちも織り交ぜて攻め立てた。住吉は果敢に打ち返し、カウンターのボディ打ちなども駆使してベルトへの執念を見せるももの、顔の腫れはひどく、試合は完全に王者ペース。5回終了時の採点は48-47、49-46、50-45で吉野がリードした。

吉野は6回、勝負を決めに出て住吉に襲い掛かった。吉野の強打を被弾し続ける住吉はガッツを見せたが、7回に右ストレートからの左を食らってダウンしたところでストップとなった。

 吉野は10勝8KO。15年4月、OPBFタイトルマッチで中谷正義(井岡)に敗れて以来の黒星となった住吉は11勝3KO5敗3分。



…強いなぁ

これ、東洋太平洋チャンピオンの中谷選手と戦ったらどうなっちゃうのかなぁ〜⁈

世界タイトル挑戦者決定戦になれば中谷選手とのチャンピオン対決実現あるかもなぁ

いつかの コージ有沢×畑山隆則 みたいな日本人対決観たいけどなぁ〜


どう⁇


観たいなぁ〜


携帯更新


higege91さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ