元世界王者の、交際女性にひどすぎる仕打ち…について | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:
元ボクシング世界王者、交際女性に「ひどすぎる仕打ち」 フラッシュ

>都内でOLをしているA美さんは、本上まなみ似の30代だ。2016年の9月、彼女は1人のプロボクサーと知り合った。「赤穂の流星」のニックネームを持つ、小國以載(30、角海老宝石ジム)。当時、世界王者を目指す期待の星だった。

「最初、彼は『やらせろ』とか、ふざけてばかりでした。でも、あるとき彼から『好きになっちゃったかも』と言われたんです。出会った5日後に、彼の知人のカップルとダブルデート。その夜、歌舞伎町のホテルで関係を持ちました」

 クリスマスには、ティファニーのネックレスを贈られた。そして12月31日、小國は京都でジョナサン・グスマンを降し、IBF世界スーパーバンタム級王者になった。下馬評を覆す大金星を、A美さんは会場で見届けた。

「彼に頼まれて、新聞を買い揃え、彼の記事を切り抜きました。モーニングコール、天気予報のチェック、買い物、料理、掃除、なんでもやりました。家政婦かと思うくらい。

風邪をひいて具合が悪い。何分でこれる?』とLINEが来て、看病しに行ったこともあります。彼からは、3月の私の誕生日に、小樽土産のピアスをもらいました」

 初防衛戦は、翌2017年の9月、大阪府立体育会館だった。A美さんがリングサイドで見守る前で、小國は6回TKO負け。試合後、引退を表明した。

「10月のある日の夜、テレビを観ながら、彼に『お前、俺と一緒にいたら苦労するけど、それでいいか?』と聞かれました。私は『もやしのレシピ考えるよ。私も仕事頑張るから』と答えました。もやしは安いからと思って(笑)。

 彼は『ステーキハウスをやりたい』と言ってましたね。子供ができたら、どんな名前をつけようかという話もしました。『遊人』と書いて『ゆうと』がいいね、とか。

 別のときには『将来はアパート経営しようか。俺は貯金が2000万円あるから』と言われました。人の将来を真剣に考えてくれている証拠だと、思っていました」

 11月には、名古屋の宴会で小國が全裸になって股間を隠した写真が、LINEで送られてきて大笑いした。小國は、「急に振られてやった」と説明したそうだ。

だが翌12月から、だんだん彼と連絡が取れなくなった。年が明けた2018年の1月21日、風邪をひいたとA美さんがLINEすると、思わぬ返事が。

《俺も色々あって、もー会えない! ごめんな!》

 彼が風邪をひいたときは、無理をして看病に駆けつけたのに。A美さんは怒った。翌日の夜、レストランで会うと、小國はこう告げた。「子供ができたから、結婚する」。

 A美さんが語る。

「ショックで言葉が出ませんでした。店を出た後も、歩きながら話しました。彼は、『お前には感謝しているけど、子供ができたから結婚する。相手は昔の彼女だ。「本当に俺の子か?」と聞いたけど、そうだと言われた。もしお前に子供ができていたら、お前と結婚していた』と。

 ほかに女性がいるなんて聞いていない。『お前とはつき合っていない。なんでお前に言わないといけないんだ』とまで言われました。『ほかに何人も女性がいたの?』と聞いたら『3人』という返事。気がつくと、大雪の中、あたりを4周していました」

 小國は4月に結婚。長男も生まれ、9月に現役復帰した。

「私はショックで体調を崩し、2回倒れました。今はお互い弁護士をつけて話し合っています。彼からは金銭の提示がありましたが、とうてい納得できる額ではありません。いまは、裁判を考えています」

 小國はどう答えるのか。ジムの前で直撃した。

「彼女は、部屋の掃除をしてくれる女性。最初、後輩の部屋を掃除するときに、『誰かやってくれる人いないのか』となって、俺が彼女を呼んだら、来て掃除してくれた。

 そのとき『つき合う気はない』と言ったら、彼女が『私もつき合う気はないです。掃除して、喜んでくれたらそれでいい』と言うから。2、3カ月に1回頼んでいた。それだけです。

 体の関係はあった。遊んでて、女の人がOKだったらやるでしょ。子供の名前の話は、みんなに言うてる冗談です。でも『俺と一緒にいたら苦労するけど』とか、絶対言うてない。

 ティファニーは、彼女が高いチケットやグッズを買ってくれたので、お返しのつもりでした。なのに結婚前提とか言われて、俺も迷惑してるんです」

 尽くす女だったA美さんの気持ちは、小國に届いていなかった。



…ううむ

真相はわかりませんが、ちょっと…、いや、後味の悪い記事ではあります

小國選手がボクシングが強くて、明るくて面白くてモテる男…であるのは確かだ

いやいや、しかし、本能のまま突き進むのはいけない

遊びでやらせてくれるならやるでしょう⁇ …ってのは僕にはわからないが、まぁ、若い人の感覚ならあり得てしまうのかな

それはお互い了承済みなら問題なし…だとは思う

でも、古臭いと言われそうだけど、理性と道義心はつねに持ち続けなければいけない

真相はわかりませんが、自分の行動によって誰がが傷つくような選択はなるべく避けたいものです

…まぁ、人間だから常に完璧とはいかないけれど、自分のために心や時間を割いてくれた人に残酷な仕打ちをすることはあってはならないなぁ

…双方に言い分はあるかと思いますが、男女のもつれ話はよくあるとも感じますが、だからこそ誰にでも起こりうる話でもある

ううむ

芸術家やスターはまともではやっていられない、のかも、とも感じますが、しかし、庶民の僕としては慎ましく一途に行けないものか? と考えてしまいます

が、自由奔放、本能解放、自分に正直に…なんて生き方を頭ごなしに否定はしませんが、なんともいえない記事を読んでしまいましたなぁ

まぁ、僕には理解できないな

二股…なんて無理だし

ま、はっきり言ってモテないし

あ〜ぁ

小國選手のキャラクターはいいんだけど、苦手はのはサウスポーと女性関係ってことになっちゃうのかな?

応援してるのに複雑ではある

でも、犯罪でもないのにフラッシュもこんなことを記事にするのもいかがなものか、という気持ちが残らないわけでもない

携帯更新

higege91さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ