岩佐亮佑 「ボクシングの本質とは…」について | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:
岩佐 再起戦へ仕上がり良好「ボクシングの本質を忘れてた」 スポニチ

>◇IBF世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦 同級3位・岩佐亮佑≪12回戦≫同級5位セサール・フアレス(2019年2月16日 米ロサンゼルス・マイクロソフトシアター)

 前王者の岩佐亮佑(29=セレス)が10日後に迫った再起戦に向け、練習を公開した。フアレスとタイプの似ている岩井大(三迫)を相手に4ラウンドのスパーリングを実施。1階級上の日本ランカー相手に、力負けすることなく激しく打ち合うなど仕上がりの良さをアピールした。

 昨年8月のV2戦でTJ・ドヘニー(アイルランド)に判定で敗れて王座陥落。「ボクシングの本質は殴り合いということを忘れていた」と振り返る。再出発の舞台は米国での挑戦者決定戦。「ありがたい。感謝しかない」の思いは強く、「これで変われなきゃ引退」の覚悟で臨む。

 ドヘニーはWBA王者との統一戦へ向かう動きもあるが、「自分は挑戦権を獲ることしか見ていない」と岩佐。7日にスパーを打ち上げ、10日に渡米する予定だ。


…ボクシングの本質は、殴り合い にあり

とは、まぁ、今頃ですかっ⁈ って気持ちも少し湧きますが(^^)、もう一花咲かすためには心機一転、気持ちを入れ替えることは大事

ただ、その気構えが前のめりと無謀な形になることへの危惧は拭えない

岩佐選手はそもそも激闘型ではない

技巧派のボクサーファイター型

…が、ドヘニーに敗れた一戦で欠けていたもの、それはあと一歩、あと一歩の踏み込み、あと一撃を打ち抜くための根性と闘魂であったと思います

期待していますぜ

携帯更新


higege91さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス