今日は ムンギア×井上岳 WBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチ | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:
世界初挑戦の井上岳志「一番調子いい」計量一発パス 日刊スポーツ

>ボクシングWBO世界スーパーウエルター級3位井上岳志(28=ワールド)が、25日に米ヒューストンで前日計量を一発クリアした。26日に王者ハイメ・ムンギア(22=メキシコ)に世界初挑戦する。井上は69・7キロ、ムンギアは69・5キロと、ともにリミット68・8キロ以下でパスした。

【写真】40歳野中に判定勝ちした井上岳志

井上は3日連続でフェースオフで写真撮影したが「あまり動じていない自分がいる。今まで減量した中では一番調子がいいかもしれない」と落ち着いた口ぶりだった。「この試合でボクシングをやってきた意味が問われる」とも意気込み、計量後は鍋焼きうどんで腹を満たしたという。

V3戦の王者は31戦全勝(26KO)の次期スター候補で、大手ブックメーカーのオッズは1-16の差がついている。井上が厚い壁の米国での同級を奪取となれば、日本人としては三原正以来38年ぶり。通算では海外11人目、米国6人目、同級は暫定を含めて5人目の世界王座奪取となる。昨年WBOスーパーフェザー級で伊藤雅雪が37年ぶりに米国での奪取を超え、大番狂わせを狙う。

ムンギアは「井上は無名で、研究するにも材料が少なく苦労した」と余裕の弁で、ミドル級のポンド計算のリミットを示す「160」を口にした。激戦階級に参戦して2階級制覇を目指すプランを示していた。

セミではWBA世界フェザー級タイトルマッチで、王者ヘスス・ロハス(プエルトリコ)がツァン・シュー(中国)の挑戦を受ける。


…大番狂わせを成し遂げるには、KOしかない、と思う

日本選手が成し遂げた代表的な敵地開催 大番狂わせと言えば…


平仲さんの1ラウンドKO勝ちですな

とにかく攻める

いい一撃をキッカケにして、攻めに攻めること

これしかない、って感じてますが、果たして…

あ、そして、この一戦も忘れてはならない





当時 無敗の世界1位のスーパースター候補だったカークランド のかませ犬としてアメリカに呼ばれた本 元WBAスーパーウェルター級暫定チャンピオンの石田順裕さん

これも1ラウンドKO勝ちでしたなぁ

これも圧倒的不利予想を覆した、超ジャイアントキリングでありました

井上岳志選手は破壊力ありますし、分厚いボクシングしますから打ち合いから突破口を切り開いて欲しい

やれそうな気がしてます

受けたらダメ

自分から組み立てて欲しいし、そこにしか活路は見出せないでしょう

朗報を期待しております

携帯更新

higege91さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス