リナレス ライト級に戻り再起へ…‼︎ | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:
ホルヘ・リナレス ライト級に戻り再起へ「スーパーライト級は自分の階級ではない」 スポニチ

>プロボクシングの元3階級制覇王者ホルヘ・リナレス(33=ベネズエラ、帝拳)は、18日に行われたスーパーライト級12回戦で初回TKO負け。パブロ・セサール・カノ(29=メキシコ)を相手に3度のダウンを奪われ、階級の壁を思い知らされた。

 リナレスは昨年5月、ワシル・ロマチェンコに敗れてライト級王座から陥落。9月の再起戦ではスーパーライト級のウエイトでリングに上がり、アブネル・コットを3回TKOで下した。カノ戦に勝利すれば、WBC世界スーパーライト級王者ホセ・ラミレス(26=米国)への挑戦権も手にすることができたが、まさかの初回TKO負け。4階級制覇の夢がもろくも崩れた瞬間だった。

 「5ポンド(約2・2キロ)の差は大きい」。リナレスは今後もスーパーライト級で戦うか決めかねていたが、米国のボクシングサイト「ボクシングニューズ24」は23日、本人がライト級に戻る考え示していると報じた。

 マネジャーによると、カノ戦に敗れたリナレスはロッカールームでこう話していたという。「スーパーライト級は自分の階級ではない。(普段は)151ポンド(約68・5キロ)の自分が、159ポンド(約72・1キロ)の相手に勝てるわけがない。頑張ってみたが、ダメだった。前に進もう」。

 ライト級に戻り、誰と戦うか注目されるところだが、同メディアによると、ルーク・キャンベル(31=英国)やアンソニー・クローラ(32=英国)をターゲットにしているとのこと。リナレスはこの両者と過去に対戦経験があり、キャンベルとは2017年に対戦して判定勝利。クローラとは16年と17年に2度対戦し、ともに判定勝利を収めた。


…なるほどなぁ

ロマゴンもそうだったけど、やはり、無理をしてはいけないよなぁ

また、パッキャオのような複数階級制覇が合うタイプとそれとは逆に適正階級で長く留まることが合うタイプとあるんだろうなぁ

いや、パッキャオやメイウェザーは特別な存在ということ

本来、自分にもっとも相応しい適正階級で戦い続けることがボクサーの理想でしょうし

リナレス も33歳

そうは長く戦えない

ただ、もうひと花咲かせていただきたい

あの電光石火を、もう一度生で観たいなぁ〜

携帯更新

higege91さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス