結果‼︎ 清水×河村 東洋太平洋フェザーきタイトルマッチ | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:
清水 デビュー7連続KOでV3、豪雨被害の故郷岡山に勝利届けた スポニチ

>プロボクシングのOPBF東洋太平洋フェーザー級タイトルマッチ12回戦は17日、東京・後楽園ホールで行われ、ロンドン五輪銅メダリストの王者・清水聡(32=大橋)が同級10位の河村真吾(28=堺東ミツキ)に4回TKO勝ちし、プロデビューから7連続KO勝利で3度目の防衛に成功した。

 4回にロープを背負いながら、プロボクシングのOPBF東洋太平洋フェーザー級タイトルマッチ12回戦は17日、東京・後楽園ホールで行われ、ロンドン五輪銅メダリストの王者・清水聡(32=大橋)が同級10位の河村真吾(28=堺東ミツキ)に4回TKO勝ちし、プロデビューから7連続KO勝利で3度目の防衛に成功した。

 4回にロープを背負いながら、河村のパンチを巧みにかわし、左フックでダウンを奪うと、立ち上がった河村に今度は強烈な左ボディー。動きが完全にとまった河村に連打を浴びせると、レフェリーが試合を止めた。

 「岡山の人たちに順調に勝っているということを届けたいと思っていた。勝利を届けられてよかった。うれしいです」

 西日本豪雨で岡山県総社市の実家が被災。家族は無事だったが、家は流され、多くの思い出の品を失った。気落ちして「練習に身が入らなかった時期もあった」という清水を奮い立たせたのは総社市の片岡聡一市長の「世界チャンピオンになったら市を挙げてパレードを」の激励。また、今年に入って地元にも後援会が発足したことも発奮材料になった。

 大阪の合宿では徹底的に下半身を強化。一方で、この夏の猛暑はロードワークするにも苦労したが、氷を入れた浴槽で足の熱と疲れを取るなど体調管理に気を遣い、万全の状況で臨んだ。「下半身が強くなってパンチが重くなった」と実感。4回TKO勝ちには「パンチをもらわなかった自分には点を与えてもいい」と評価した。

 世界戦への期待が高まるが、清水は「地道にやっていれば、先は見えてくる。決まれば、いつでも行けるように準備するだけ」と自然体を強調した。


…清水選手、いい勝ち方でした

世界タイトルマッチ 見えてきましたなぁ

デビューから無傷の7連勝7KOのパーフェクトレコードですかぁ

いやぁ、しかし、フェザーは壁が高いぜ

粟生選手、リナレス、長谷川さんが、最近のフェザー級世界チャンピオンだけど、その前となると…




ん〜っと




あれ?



あ、2006年の越本隆志さんかぁ


で、その前になるとですよ

で、1970年の柴田国明さんがいて、なんと1968年の西城正三さんまで遡っちゃう


なんか、もっと日本の世界チャンピオンいそうだけど、リナレス を入れても6人かぁ


大変な階級です


さぁ、清水選手、フェザーで獲ってもらおうじゃない‼︎


携帯更新

higege91さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス