王座陥落の岩佐亮佑 一問一答… | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:
王座陥落の岩佐亮佑、一問一答「グダグダの試合だった…」 スポーツ報知

>◆報知新聞社後援プロボクシング世界戦▽IBF世界スーパーバンタム級(55・3キロ以下)タイトルマッチ12回戦 岩佐亮佑―TJ・ドヘニー(16日、東京・後楽園ホール)

【写真】3R、ドヘニーを攻める岩佐亮佑(左)

 IBF世界スーパーバンタム級王者・岩佐亮佑(28)=セレス=が、2度目の防衛に失敗した。指名挑戦者の同級1位TJ・ドヘニー(31)=アイルランド=に0―3の判定負け。プロでの3敗は全てサウスポーと鬼門を突破できず、米スポーツ専門局ESPN+で生中継された一戦で全米に強さを見せられなかった。岩佐の戦績は25勝(16KO)3敗、ドヘニーは20勝(14KO)。国内ジム所属の世界王者は5人となった。

 ―心境は

 「これが現実ですね。練習していたことが出せなかった。悔しいのはもちろん。負けたら悔しい。(相手が)距離を取るのは想定外。自分の力量が足りなかった。もっともっと…。もうちょっとできると思っていた。ショックはショックです」

 ―判定結果を聞いた瞬間、うなずいていた

 「負けたなと思っていた。しょうがないです。前半(ポイントを)取れなかったのはしょうがないけど、後半はまずいなと。後半は狙ってしまって、グダグダの試合だった。相手が強かった。一枚上手だった。ジャブの駆け引きを徹底的にしてきたけど、そのイメージと違った」

 ―デビュー戦の後楽園ホールで敗れた

 「世界王者で試合をやって、(後楽園ホールを)卒業したかったけど。応援はずっと聞こえていた。今までで一番(の大きさ)じゃないかな。それに応えられなかった」

 ―師匠のセレス小林会長(45)も現役時代に2度目の防衛戦で敗れた

 「大きな壁は大きな壁。僕は超えられなかった。今日の出来はがっかり」

 ―今後については

 「今は『また頑張ろう』となるまで、よく考えた方がいい。一番の勝負で勝てなかった。それが実力。これだけ戦っても乗り越えられない。今後についても考えます」



…なんと言いますか、よくわからない内容になってしまった

僕の採点では引き分けに見えたけど、実際の採点結果とテレビの実況との温度差も違和感が残った

奇妙な後味だけど、本人が敗戦を認めた上で、思い切って行けなかったことを悔いないのならば、応援していた者としては、正直、なんとも歯がゆい

そう、もっと悔しがって欲しい…という気持ちが湧いてくる


あと一歩の勇気があれば勝てた試合…という後味の悪さが、なんとも言えない鈍痛を残したまま…

スカッとしない

引退か、再起か…

再起するならば、次の次元で腹をくくれなくてはならない、のだとは思う

携帯更新

higege91さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス