WBSS世界バンタム級最強トーナメント 選手出揃う | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:
井上尚弥参戦の「WBSS」出場全8選手が正式決定 日刊スポーツ

>ボクシングのWBA世界バンタム級王者井上尚弥(25=大橋)が参戦する今秋開幕の賞金争奪の最強決定トーナメント、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)に出場する全8選手が18日、正式決定した。同日、公式サイトでWBAスーパー王者ライアン・バーネット(英国)、WBA5位、IBF9位ミーシャ・アロイヤン(ロシア)の出場が発表された。

【写真】美人レポーターの質問に答える井上尚弥

 これで井上に加え、WBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)、IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)、IBF3位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)、元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)、元WBAスーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)の計8人が出そろった。

 ロドリゲスは指名挑戦者となるマロニー(オーストラリア)との初防衛戦が1回戦になると発表済み。残りの3カードは21日にロシア・モスクワで開かれる抽選会で決まる。なお主催者側の要請で井上は現地入りし、出場する他7選手とともに抽選会、会見に臨む。


…ふうむ

なんか、バーネットよりアロイヤンの方が戦い辛い? 

まぁ、アマとプロは似て非なるものですから、井上選手ならば必ずや撃破してしまうかなぁ

さて、兎にも角にも、抽選会は20日にモスクワです

誰との組み合わせになるか、そこが問題ですなぁ

なんか、もう決まっているガードもあるような情報も錯綜しですが、オール・シャッフル じゃないんかなぁ〜⁈





あ、さらに詳しい記事 発見っ


>WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(25)=大橋=が参戦する階級最強決定トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」のシーズン2・バンタム級に出場する全8選手が決定した。17日、公式サイトで最後の出場枠としてロンドン五輪フライ級銅メダリストのミシャ・アロイアン(29)=ロシア=が決定したと発表した。出場選手は以下の通り。

【写真】西岡利晃を9回TKOに葬ったドネア

 【1】ライアン・バーネット(英国)WBAスーパー王者、19戦全勝(9KO)

 【2】エマニュエル・ロドリゲス(プエルトリコ)IBF王者、18戦全勝(12KO)

 【3】ゾラニ・テテ(南アフリカ)WBO王者、30戦27勝(21KO)3敗

 【4】井上尚弥(日本)WBA王者、16戦全勝(14KO)

 【5】ノニト・ドネア(フィリピン)世界5階級制覇、43戦38勝(24KO)5敗

 【6】フアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)元WBA王者、21戦20勝(9KO)1敗

 【7】ジェイソン・モロニー(オーストラリア)IBF指名挑戦者、17戦全勝(14KO)

 【8】ミシャ・アロイアン(ロシア)無敗の挑戦者、4戦全勝

 初戦となる準々決勝の組み合わせは、20日にモスクワに全選手が集まり決定する。ロドリゲスの初戦はIBFの指名試合で、モロニーと対戦することが決まっている。現在タイトルホルダーであるバーネット、テテ、井上がシード選手となる見込みで、シード選手同士が初戦で対戦することはない。井上の初戦はドネア、パヤノ、アロイアンから選ばれる可能性が高くなっている。





…ドネアか、パヤノか、アロイアンね

ふうむ

誰だろうと、負けんっ

携帯更新

higege91さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス