ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:

2018 4 15  横浜アリーナ

 

WBC世界フライ級タイトルマッチ

 

前チャンピオン 比嘉大悟

×

挑戦者 2位 クリストファー・ロサレス

 

image

 

減量失敗の失態を演じた前チャンピオンの、剥奪となった前チャンピオンの比嘉は動けるのか?

 

身も心も深く傷ついているはずの(自業自得ではあるが)、比嘉は戦い抜けるのか?

 

両者右構え  ニカラグアからの刺客 ロサレスは手数も豊富で強気に打ち合ってくる 比嘉は距離を詰めて強打を振るうがひるまない

 

比嘉のボディーブローが時折入るも、手数で押し返してくる 仕掛けが多いのはロサレスの印象か?

 

1R~3Rの印象は互角気味だが、ポイントは微妙かなぁ

 

比嘉が迎撃スタンスにシフト 自分からアタックできないのはやり辛さが起因しているのか? あるいはスタミナに不安を感じてのことか?

 

image

 

4Rオープンスコア 39-37×2 ロサレス 39-37 比嘉

 

手数とクリーンヒットでロサレスが優位な展開 

 

5R 比嘉が距離を詰めてボディー連打 ロサレスの腰が曲がったか? いや、ロサレスも勇敢に打ち返す 我慢比べのボディー打ち合戦が明暗を分けそうな展開

 

6R 比嘉、もぐり込もうとするが、手数で押し返される クリーンヒットを喰らう 押されてる と、比嘉の右が顔面に入る が、ロサレス、倍返しとばかりに思い切って打って出る 相殺される ロサレスのポイントだろうなぁ

 

7R 比嘉のしつこい接近戦にロサレスのボディーに突き刺さる にわかに、その蓄積されたダメージが露になって来たか? 

 

8R ロサレスの手数と執念が光る ロサレスがボクサースタイルで対抗 比嘉の右が炸裂 効いたか? が、ロサレス、拳を掲げて気合を入れて打ち返す 凄い闘魂だっ 気迫の充実が輝く 比嘉の猛攻に抗い、逆に、押し返す

 

8R  【76-76 77-75 79-73】  

 

…っと、8R 開始して間もなく、ふいに、タオルが待った

 

比嘉陣営からタオルが投入された

 

WBC世界フライ級新チャンピオン クリストファー・ロサレス‼

 

突然の幕切れのようにも思えたが、もう限界だと陣営は判断していたのだ

 

消耗戦の果てに、挑戦者に打ち負けていたと判断されたのだ

 

比嘉選手、やれるだけのことはやった と、思う

 

唐突にも思えたが、仕方がない

 

まだ若い22歳の比嘉選手であります

 

この失敗と敗北を、この険しき試練を生かすも殺すも自分自身の心持次第

 

この険しき試練をより強靭なる「次なる自分」の新たなる血肉として再出発して欲しい

 

この初黒星を、後のさらなる神々しきボクサー人生を築くための、宝石のような経験としてもらいたい

 

もう他人にどうこう書かれたり言われたりするまでもないでしょうから、これ以上は何も言うまい

 

WBA世界ミドル級タイトルマッチ

 

チャンピオン 村田諒太

×

挑戦者 6位 エマヌーレ・ブランダムラ

 

日本人初のミドル級タイトルの防衛達成を望む

 

ただ、それだけ

 

ここはただの通過点ということで、スカッとスパッと勝っていただくしかない

 

あまりいい言い方ではないですが、38歳のイタリアンボクサー、ブランダムラは「勝てる相手」、「絶対に勝たなければならない相手」であります

 

つまり、『いい勝ち方』をせにゃぁならんわけです

 

でなければ、その先には進めんわけです

 

それは本人が一番よくわかっております

 

さぁ、期待してますぜ

 

image

 

1R チャンピオン村田がにじり寄って「無言」の(ような)プレッシャーをかける 挑戦者ブランダムラはボクサー型の技巧派 手数では劣るも有効打で優ったか 村田10-9

 

2R 中間距離からジャブをを伸ばすブランダムラ 村田はガードを叩く掲げてブロック プレッシャーはかけているが、しかし、有効打が少ないかな? え~? 村田にしていい> 村田10-9

 

image

 

3R 村田のストロングスタイルは距離を詰めて強打で相手を削って行くスタイルであります 村田がにじり寄り続けた 村田10-9

 

image

 

4R 大きな動きはなかったが、なんとなく村田優位でいいのかなぁ 村田10-9

 

5R 村田のボディーがめり込む いい音がした 有効打 村田10-9

 

6R 村田の右強打が決まり始めたか ブランダムラがろこつに逃げ始めた 村田の右強打に長い距離のボディー打ちが炸裂 村田10-9

 

7R 村田のプレッシャーが印象的 村田10-9

 

8R ブランダムラ ついに村田に捕まった 足を使い続けてなんとか捌こうと動き回っていたブランダムラであったが、サークリングの途中で、村田の右が顎先に炸裂 ブランダムラが膝をついた

 

ダウン

 

…っと、8R TKO勝ちで 初防衛成功 

 

WBA世界ミドル級「正規」チャンピオン 村田諒太っ‼

 

見事にKO勝ちで試合を締めくくりました

 

ただ、先にも書きましたが、相手は一発のあまりない「勝ちやすい相手」であったのは事実であります

 

始まりはここからです

 

ゴロフキン目指して頑張ってくださいっ‼

 

いい勝ち方でありましたっ

 

御愛読感謝

 

つづく

higege91さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。