ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:
内藤大助が「もてない遊び人」から「愛妻家」に変貌するまで FLASH

>元ボクシング世界チャンピオンの内藤大助が、4月4日放送の『あの頃どうかしてました』(テレビ朝日系)に出演した。


 内藤は24歳で新人王を獲得したが、その時代がもっとも天狗になっていたと、番組で振り返る。

「『プロボクサーで新人王? 日本一になっちゃった! ハハハ!』って勘違いして、声かけられたくてかけられたくて、後楽園ホールを『新人王の内藤ですよ~』って(歩き回った)」

 さらに内藤は「新人王を取って調子こきまくり。ギロッポンのクラブ(で遊びを)を覚えて、ミラーボールの下でシャドー。あれは本当にどうかしてたね。恥ずかしい、思い出すだけでもやだね」と、頭を抱えて告白した。

「1回もモテたことがない」と言う内藤は、その後、練習後に連日キャバクラ通いを開始。自らボクサーであることは言わず、まず「部活なにやってたの?」と話を振り、会話の流れを作ってから、新人王をアピール。挙句、プロライセンスを見せびらかしていた。

 ちなみに、もっぱら安い店ばかり通って、さらに値引き交渉するほど。女の子への飲み物もまったく頼まなかった。これには男性出演者が「やり口ダサいけど、わからんでもないかな」と共感。

 一方、女性陣は「『部活何やってるの?』から持っていく感じも、結果を聞いちゃうと、ちょっとやっぱりダサい」と指摘していた。

 内藤は「当時は日本ランカーは1位から10位で10人しかいなかった。その上に日本チャンピオンがいて。日本で10人しかいないんですよ? そりゃ自慢したいに決まってるじゃないですか。新人王獲ったら地元のローカル紙に大きく載って。スポーツ新聞にも出ます。全国紙にも載っちゃった、マジかよって。そこからだんだんと天狗になった」と明かしていた。

 当時の後輩からは「強くなりたいというより、モテたかった」と見られていた内藤。キャバクラだけでなく、ナンパも盛んに行なった。しかし、実際に声をかけるのは後輩頼み。女の子のタイプも「顔よりデキそうな子」だったらしい。

 内藤の女遊びは結婚しても変わらなかったが、あるとき妻が愛想を尽かして離婚を切り出したため、泣いて謝罪。内藤は「180度そこから変わった。いまの奥さんじゃなかったら、世界チャンピオンになれなかった。奥さんのおかげ」と振り返った。

 番組では妻から「『ママ、ママ』って愛がすごい。今が一番幸せ」と言われていた内藤。天狗時代や遊び人を経て、現在は愛妻家に生まれ変わったようだ。



(^ ^)

(^ ^)

( ^ω^ )

( ^ω^ )

(^○^)(^○^)

にゃははは

人間的だなぁ〜

実に、人間的だと思います

いやぁ、こんなにおバカで(失礼)、こんなにも素直過ぎる方も珍しい⁈

…本当のところはわかりませんが (^_^;)

でもね、僕は自身のボクシング観戦道の中でも、一二を争うほど応援したボクサーの1人が内藤さんですから

今でも寝巻きに着てますよ

「最短Tシャツ」

でも、いい奥さま見つけてよかったですね

やはり、世界チャンピオンになるには女性を見極める 目 が必要なのかなぁ〜⁈

携帯更新

higege91さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。