日本ボクシング界の黄金期再来を夢想する… | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:

昨晩はWOWOWエキサイトマッチでWBA・IBF・WBO世界ヘビー級王座統一戦を観ましたよぉ

 

イギリスのスーパースター、アンソニー・ジョシュアとニュージーランドの英雄、ジョセフ・パーカーによる世界チャンピオン対決

 

image

 

なんといいますか、早くて鋭いヘビー級もいいもんですなぁ

 

image

 

ぶよぶよしたボクシングではなくて、技巧とスピード、そして、それを踏まえた上でのパワー対決…ってのがなかなかいいですなぁ

 

両者ともジャブがイイっ

 

コンビネーションも眩いっ

 

まるで、中量級のようなヘビー級タイトルマッチでありました

 

結果は2冠チャンピオンのジョシュアがパーカーのベルトも吸収して3団体統一チャンピオンになりましたが、パーカーも頑張りまして、ジョシュアの全勝全KO記録に判定勝利の星を残すことで意地を見せましたなぁ

 

スーパースターってのはこういう感じなんだなぁ、やっぱり…

 

いやぁ、ジョシュアに集まる声援と視線、その熱量がブラウン管越しに伝わってまいりましたが、こういう盛り上がりって、憧れちゃいますよねぇ

 

でも、想えば、かつての白井義男さんやファイティング原田さん、そして、輪島功一さんなんかの時代って、これに近い熱狂、いや、それ以上の熱狂と興奮があったのかもなぁ

 

まだ敗戦の記憶が残った時代に、復興・再建のために、みんなががむしゃらだった時代に、勇気と頑張りのシンボルとなった当時の世界チャンピオンってのは特別だったんだろうなぁ

 

僕は辰吉さん、鬼塚さん、川島さん、ユーリ、畑山さん…の時代ですので、やっぱり、日本のボクシングが最も熱かった時代ってぼやけているんですよねぇ

 

具志堅さんが負けた夜、僕は小学生だったはずですが、なんとなくしか覚えてないんだよなぁ

 

ただ、具志堅でも負けちゃうんだ…って気持ちで困惑したのを少し憶えているだけ…

 

でもさぁ、日本の至宝、井上尚弥選手がどんどん勝ち続けてアメリカンドリームを体現する可能性はかなりありますよぉ

 

凄いぜ、そうなれば

 

アジアの至宝となり、そして、軽量級の至宝、世界最高のバンタムとして神々しい存在になる日はそう遠くないはずですぜ

 

さて、ジョシュアの大活躍を観ながら、僕はかつての日本ボクシング界の黄金時代と、これから訪れるはずの井上尚弥選手が漕ぎ出す未踏の領域の輝かしき未来を想像してほくそえんでおります

 

黄金期の到来を夢見ております

 

絶対に、絶対に夢で終わるなよぉ

 

御愛読感謝

 

つづく

higege91さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス