結果‼︎ 田中恒成 フライ転向 無敗世界ランカー戦 | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:
田中恒成、フライ級初戦は9回TKO勝ち 世界最速3階級制覇へ標的はWBO王者・木村翔 スポーツ報知

>◆ボクシング ▽フライ級10回戦 〇田中恒成(TKO 9回2分26秒)ロニー・バルドナド●(31日・名古屋国際会議場)


 元WBO世界2階級王者で同フライ級(50・8キロ以下)1位の田中恒成(22)=畑中=が31日、同級13位のロニー・バルドナド(22)=フィリピン=との無敗同士のノンタイトル戦で9回TKO勝ちし、同級転向初戦を飾った。

 田中は昨年9月の前試合での両眼窩底骨折からの再起戦。初回からバルドナドの大振りのパンチを的確にかわした。標的とするWBO世界フライ級王者・木村翔(29)=青木=がテレビ放送のゲスト席で見つめるなか、4回にボディー攻撃でダウンを奪うと、9回のラッシュでTKO。「ダウンさせた次のラウンドで倒したかったけど、フライ級でやっていく自信はついた」と笑顔を見せ、木村と握手をかわした。

 陣営の畑中清詞会長(51)は「(上位ランカーの)指名挑戦権を使いたい」と、9月ごろの次戦で木村挑戦を見すえており、田中がプロ12戦目で3階級制覇を達成すれば、世界最速となる。

 通算成績は田中が11勝(7KO)、バルドナドが10勝(7KO)1分け1敗。



…強い、強いね、田中選手はマジで

で、狙いはWBOチャンピオンの木村選手かぁ

いやぁ、いいカードだなぁ

ただ、世間に認知してもらうには訴求力がまだ足りないか…⁈

ボクシング好きには垂涎ものだけどなぁ

しかし、同郷の木村選手推しの僕としては、複雑だけどなぁ

いやぁ、正直、迎えたくないタイプ (^_^;)

初防衛成功させた五十嵐選手はボクサータイプでしたが、田中選手はボクサーファイター型で、攻撃的な比重が大きいタイプ

中間距離を駆使できる万能型かな

木村選手が敵地で攻略したゾウ・シミンもボクサー型の技巧派タイプでしたので、中間型の世界チャンピオンクラスに対するのは恐いですな

ラッシャー型、ファイター型に分類される木村選手のアグレッシブが五十嵐選手もゾウ・シミンそれぞれの技巧を飲み込んだわけですが、田中選手はさらに打ち合いしてきますね

で、さらに技巧もかなりのレベル

技巧と攻撃レベル、それぞれ田中選手が木村選手の上にあるとは正直感じますなぁ

ただ、ドロドロのぐちゃぐちゃの打ち合いに持ち込めれば木村選手のど根性と生き様の染み付いた猛撃が大爆発しそうな気がします

…が、その土俵に持ち込むのは至難の業かなぁ

いやぁ、実に困りますが、しかし、木村選手は近い将来、受けて立つでしょう

その前にもう一度中国でゾウ・シミンと戦って稼いで欲しい気もするけど、オプション的な契約はどうなっているのでしょうか?

もう拘束されてないのかなぁ⁈

さて、田中選手、史上最速3階級制覇なるか…⁈

先ずは指名挑戦権の獲得が最優先事項ですなぁ

いやぁ、恐い恐い (~_~;)

携帯更新

higege91さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス