東京五輪ボクシング除外問題に若き選手たちが困惑…について | ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:
高校6冠の堤ら東京五輪ボクシング除外問題に困惑 日刊スポーツ

>日本ボクシング連盟は11日、大阪市内で17年度優秀選手の表彰を行い、2年連続最優秀選手賞に輝いた千葉・習志野高の堤駿斗(3年)らが出席。20年東京五輪でボクシングが実施競技から除外される可能性が浮上した問題について、多くの選手が困惑の表情を浮かべた。

 堤はバンタム級で高校6冠に加え、全日本選手権にも優勝するなど「東京五輪金メダル」を狙う。除外問題はツイッターで知ったといい「衝撃的過ぎて、どう言えばいいか…。(東京五輪は)高校に入った時からの目標ですから」と戸惑いを隠せなかった。

 今春から東洋大に進学する。WBA世界ミドル級王者でロンドン五輪金メダリストの村田諒太の母校という事が決め手の1つだった。この日は表彰選手を代表し「東京五輪で金メダルを取れるように頑張ります」と宣言。競技実施を信じて腕を磨いていく。

 また史上初の高校8冠を成し遂げ、技能賞に選ばれたウエルター級荒本一成(奈良・王寺工3年)とライト級今永虎雅(同3年)や、アジアユース選手権優勝などで敢闘賞となったフライ級中垣龍汰朗(宮崎・日章学園高3年)も「話が大きすぎて、あぜんとした」(中垣)など、堤と同じ反応を見せた。荒本は日大、今永は東洋大、中垣は東農大に進学。東京五輪代表の座を狙っていく。


…ふうむ

まぁ、アマチュアを束ねる重鎮たちが不正や麻薬売買に絡んでいる…なんて騒動で炎上したら、さすがにオリンピック委員会も口を挟まないわけにもいかんですなぁ

若き選手たちには全く落ち度はないわけですが、悪い大人たちの影響を受けてしまうこの理不尽…

困りますなぁ

…でも、未来の世界チャンピオン候補、たくさんいそうだなぁ〜

まぁ、世界チャンピオンより五輪チャンピオンの方がなるのは難しいなんて言われ方も時にありますが、若き選手たちには自分の未来と夢を選択できるようにしなくちゃいけないですな

これは大人たちの責任ですよね

さて、今日な祝日ですが、僕はお仕事であります

行ってきます〜っ‼︎

携帯更新

higege91さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス