ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:

井上尚弥がSF級で有終の美へ、拳四朗「有名になる!」 BOXINGNEWS

 

>あす30日に迫った「FUJI BOXING 2017」(横浜文化体育館)の前日計量が29日、都内のホテルで行われ、ダブル世界戦に出場の4選手すべてが一発で合格した。WBO世界S・フライ級戦は、王者井上尚弥(大橋)がリミットの52.1キロ、挑戦者ヨアン・ボワイヨ(仏)は51.5キロだった。WBC世界L・フライ級戦は、王者拳四朗(BMB)が48.6キロ、挑戦者ヒルベルト・ペドロサ(パナマ)は48.8キロでともにアンダー。

 

 

 V7が有力の井上は「毎回この瞬間はホッとします」という計量をクリア。S・フライ級の体重をつくるのはやはり楽ではなかったが、「今回で(S・フライ級は)最後だと決めている」(井上)だけあって、しっかりと仕上げた。

 試合1ヵ月前から妻子と離れ、弟拓真と共同生活で調整してきた。「拓真は今回54キロ契約なので(一緒に生活していて)ふざけんなよって思ってました(笑)」と軽口も出た井上。一方で、抜け目なくバンタム級に上げた時のウェイト調整も想定しながら体重を落としたようだ。

 

 

 V2戦の拳四朗は今回「倒す」宣言をしてきた。「世界戦が3試合目になって慣れてきた」(拳四朗)という経験もあってのことだそうだが、もちろん最大の狙いは自身をアピールするため。全国テレビ生中継に燃えるチャンピオンは「圧倒して最後はKOで終わらせたい」と言葉に力を込めた。

 上半身裸で対戦相手のペドラサと向かい合った感想も「相手を意識して見てませんでした」と拳四朗らしいマイペース。いろいろな経験をしたという充実の一年を圧勝で締めくくり、「来年はもっと名前を売って、たくさんの人に応援してもら いたいです」と拳四朗は笑顔だった。

 

 

 OPBFフェザー級タイトルマッチは、王者の清水聡(大橋)と挑戦者エドワード・マンシト(比)がともに57.0キロで合格。54.0キロ契約10回戦で対戦する、世界ランカーの井上拓真(大橋)は53.9キロ、元日本バンタム級王者の益田健太郎(新日本木村)は53.6キロで明日の試合に進んだ。

 

…さぁ、いよいよの世界戦連日開催でありますが、アンダーカードも面白いですなぁ

 

なんと言っても、井上拓真×益田健太郎 というのはまさに、マニア心をくすぐる好カードであります

 

井上拓選手は一度バンタム級世界挑戦が決定したものの、しかし、怪我でこれが流れてしまったのですよねぇ

 

ただ、再起して再出発なんですが、前哨戦としてはなかなか手ごわい相手を選びましたな

 

益田選手、国内バンタムでは実績実力とも上位間違いなしの元日本チャンピオンであります

 

これ、いい内容でクリアできるかな~?

 

苦戦あり得ますよ

 

さて、っていうことで、ズバリ戦前予想いっちゃいますか⁉

 

WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ 👑井上尚×ボワイヨ ➡ 井上選手の3RKO決着

 

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ 👑拳四朗×ペドロサ ➡ 2-0 マジョリティーで拳四朗選手の判定勝ち

 

東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ 👑清水×マンシト ➡ ドロドロの僅差判定で清水選手初防衛成功

 

ノンタイトル10回戦 井上拓×益田 ➡ 井上拓 中差判定勝ち

 

…とさせていただきます

 

さて、今夜は生中継観戦できるか ? なんですなぁ

 

ちょっと実家に戻らにゃいかんのです

 

ううむ

 

いよいよ決戦の時っ

 

御愛読感謝

 

つづく

higege91さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。