ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:
辰吉寿以輝が復帰戦TKO、大沢宏晋はWBA12位下す BOXINGNEWS

>大阪帝拳主催の「第74回ドラマチックボクシング」は24日、大阪府門真市の東和薬品RKUTABドームサブアリーナで行われ、メインのS・バンタム級8回戦は、辰吉寿以輝(大阪帝拳)がタイ・フェザー級1位ノンディア・ソーバンカルーに3回TKO勝ち、デビュー7連勝(5KO)をマークした。

辰吉は練習中の負傷で今年2月、さらには7月に予定されていた試合をキャンセル、1年2ヶ月ぶりのリングだった。

 結婚して長女も誕生しての初の8回戦だったが、硬さはまったくなかった。2回に左右のボディブローから右ストレートを顔面にヒットしてダウンを奪うと、3回も右ストレートを合わせて2度目のダウンを奪った。

 なんとか立ち上がったノンディアだが、辰吉は攻撃の手を緩めず、ロープに押し込むと、父丈一郎譲りの左ボディへのフックをめり込ませて10カウントを聞かせた。1発に頼らず、ジャブから2発、3発とパンチをつなげたところがよかった。

セミのフェザー級10回戦は、WBA世界同級13位の大沢宏晋(ロマンサジャパン)がWBA・S・バンタム級12位の新鋭アレクサンダー・メヒア(ニカラグア)と対戦。大沢はジャブから距離を取って戦おうとするも、メヒアはパンチを強振して大沢をロープ際に追い詰める展開となり、大沢は思うような試合運びができなかった。

 なんとかボディへのパンチを決めた大沢が2-0の判定で辛くも世界ランカー対決を制した。大沢は33勝20KO4敗4分。メヒアは8勝4KO1敗。

 前座では相川学己(三迫)が日本S・バンタム級8位の川島翔平(真正)に6回TKO勝ち。ランキング入りに大きく前進した。


…辰吉Jr.は順調に育っているようですが、問題は日本ランカークラスに対してどんな試合ができるのか…⁈  でしょうかね〜

お父さんはプロデビュー4戦目で時の日本チャンピオンの岡部さんを破っていますが、さすがにそれには届かないにしても、まずは日本チャンピオンにはなりたいですよね

でもね、僕は日本チャンピオンになるのは至難の業だと思ってますよ

やはり、すべてのものを ボクシング に捧げ尽くすほど ストイックに励んで、そして、初めて、チャンピオンに輝ける…と思っております

さぁ、自身も若くしてお父さんになったという辰吉Jr.でありますが、次あたりには勝負の一戦が組まれるのかなぁ⁈

そして、大沢選手、際どくも世界ランカー破りましたか⁈

もう一度、大舞台にたどり着いていただきたいっ

携帯更新

higege91さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。