ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:

世界挑戦狙う岡田博喜、ターゲットはWBOかIBF BOXINGNEWS

 

>IBF世界S・ライト級7位にランクされる岡田博喜(角海老宝石)にIBF同級挑戦者決定戦の話が舞い込んでいる。同級4位につけるイバン・バランチェク(ベラルーシ)と、近藤明広(一力)との王座決定戦を制してベルトを巻いた王者セルゲイ・リピネッツ(ロシア)への挑戦権を争うというもの。

 

デビューから16連勝(11KO)の岡田は昨年、5度防衛した日本王座を返上。世界タイトル挑戦への準備を始めた。来月19日、後楽園ホールでWBOウェルター級8位にランクされるジェイソン・パガラ(比)とWBOアジアパシフィックS・ライト級王座決定戦を行うことが決まっている。

 

 岡田はWBOの世界ランキングで7位につけており、12月にWBOアジアパシフィック王座を獲得すれば、ランキングのさらなる上昇が期待される。また、WBOのS・ライト級は、テレンス・クロフォード(米)が王座返上を発表したが、いまのところ王座決定戦の正式なアナウンスはない。

 

 陣営はこうした状況をトータルで判断し、WBOでチャンスを待つのか、IBFをターゲットするのか決めていく方針。岡田が12月のリングでどんなパフォーマンスを見せるか注目だ。

 

…日本中量級で世界を狙える選手と言えば、元日本スーパーライト級チャンピオンの岡田選手でありますなぁ

 

次戦はウェルターの世界ランカーのフィリピン選手相手にWBOアジアパシフィック王座決定戦となると、記事にある通り、これはいい勝ち方ができればさらに世界タイトル挑戦への弾みがつきますなぁ

 

岡田選手、そのボクシングスタイルはまさに文字通りの正統派ですねぇ

 

コンパクトにして鋭いジャブとワンツー繰り出しながら手数と正確さで勝負するボクサーファイター型であります

 

決して大味にならず、最短距離を貫くソリッド型といいますか、安定型と言ったらよいか?

 

ただ、アジア圏では無類の強さを発揮することは間違いありませんが、しかし、その舞台が「世界」を賭けてとなると、やっぱりパワーやアグレッシブで劣ってしまう展開も予想されるでしょうねぇ

 

また、先日、IBF同級王座決定戦出場を果たすも、しかし、NYに散った近藤明広選手もそうでしたが、日本選手の多くは相手の試合巧者ぶりにごまかされて判定を落とす展開も多いですね

 

スーパーライト級で世界を獲るには、なにか、「突き抜ける」ような爆発力や瞬発力を蓄えておかなければならない…ですねぇ

 

そういう意味で、ウェイティングサークルに入っている岡田選手には、次のWBOアジア・パシフィック王座決定戦では圧倒的なる勝ち方を成し遂げて「最高の助走」を見せて欲しいですなぁ

 

このクラスになると、アジア圏では無類の強さ、比類なき強さを見せつけられなくては、やっぱり世界奪取は厳しいですので、そこを見せつけて欲しいですねぇ

 

さらに、挑戦者決定戦を勝ち抜けなくてはならないとなると、まだまだ大変ですが、でも、岡田選手ならばそこも駆け抜けられるような気がしますよぉ

 

かつて、国内ラバイルだった小原選手もそこをクリアして(確か引き分けだったけれどいい内容で世界挑戦を成し遂げましたね) 世界まで辿り着きましたからねぇ

 

大いに期待しております

 

御愛読感謝

 

つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

higege91さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。