ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:

木村に五十嵐が挑戦=大みそかにトリプル世界戦 時事通信

 

>世界ボクシング機構(WBO)フライ級チャンピオンの木村翔(青木)が、12月31日に東京都の大田区総合体育館で世界ボクシング評議会(WBC)同級元王者の五十嵐俊幸(帝拳)の挑戦を受けるタイトルマッチが決まり、21日発表された。

 木村は上海で7月、アマチュア時代に五輪を2連覇した鄒市明(中国)から王座を奪取。東京都内で行われた発表記者会見で「死に物狂いで取ったベルト。誰にも渡したくない」と初防衛への思いを語った。WBO1位にランクされる五十嵐は、2013年4月に八重樫東(大橋)に敗れて以来の世界戦。「次のチャンスはもうない。執念でベルトを取りにいく」と王座返り咲きを誓った。

 試合は、世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王者の田口良一(ワタナベ)と国際ボクシング連盟(IBF)ミニマム級王者の京口紘人(同)のタイトルマッチと併せて行われ、トリプル世界戦となる。 

 

…ついに公式発表となりましたか

 

今年の年末は大きな目玉となるタイトルマッチとしては、やはり、田口×メリンドの世界チャンピオン対決ですが、ボクシングファンにはこの一戦も興味深いですなぁ~

 

敵地中国で地元の英雄であったゾウ・シミンの心をへし折るTKOで王座戴冠を果たした木村選手の初防衛戦は、元WBC世界フライ級チャンピオンの五十嵐選手ってことで、これはなかなか興味深いカードとなりました

 

五十嵐選手はかつてソニー・ボーイ・ハロを破って王座戴冠するも、しかし、2度目の防衛戦でフライに上げてきた八重樫選手に技巧で敗れちゃった印象ありますねぇ

 

技巧戦になれば五十嵐選手優位かと思いきや、八重樫選手の有功打ばかりが目立つ一戦になっちゃいました

 

さて、再起の道もなかなか険しかった五十嵐選手

 

いつもいつも負傷判定の煮え切らない前哨戦ばかりでしたなぁ

 

となると、やはり、僕は木村選手優位だと思うわけです

 

ゾウを根負けさせた無尽蔵のラッシングは尋常ではなかった

 

あれだけ手を出し続けても、まだまだいけそうな感じでしたよねぇ

 

まさに、昇り龍ってかんじであります

 

つまり、勢いが五十嵐選手とは違うわけです

 

五十嵐選手が木村選手に優るところは距離感とスピードですが、これを潰されたら勝機はなしでしょう

 

さぁ、五十嵐選手は復活できますでしょうか?

 

いやいや、いきなりの大ブレイク、大覚醒の木村選手がさらに名を上げるか?

 

見ものだねぇ

 

…で、五十嵐選手を応援してあげたい気持ちもあるんですが、しかし、木村選手は埼玉県熊谷市出身ってことで、僕はほとんど同郷なんですよぉ

 

これは応援しないわけにはいかんのですよ

 

生まれ故郷がほぼ一緒の世界チャンピオンを応援せんわけにはいかんとですよぉ

 

さぁさぁ、どうなるどうなる⁉

 

あぁ、楽しみがまたひとつ増えましたっと‼

 

御愛読感謝

 

つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

higege91さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。