ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:

久田哲也が貫禄の4回KO勝ち、日本L・フライ級V2 BOXINGNEWS

 

>日本L・フライ級タイトルマッチ10回戦は17日、大阪市のエディオンアリーナ大阪第2競技場で行われ、チャンピオンの久田哲也(33=ハラダ)が同級5位の上久保タケル(21=井岡弘樹)に4回2分58秒KO勝ち。2度目の防衛に成功した。

 

世界ランクでWBA3位、WBC11位、IBF4位、WBO8位につける久田がひと回り年下の上久保を挑戦者に迎えた一戦。スタートは上久保がジャブを突き、久田の接近を阻む。スロースターターのチャンピオンは挑戦者の動きをよく見てジャブに右クロスを合わせようとするが、これはヒットしなかった。

 

 久田がピッチを上げたのは4回だった。「もっと手数を出せ」というセコンドの指示を受けて攻め込むと、ラウンド終盤、右フックを決めて上久保をよろめかせる。さらに追撃してロープ際で左フックを叩き込み、挑戦者をキャンバスへ。上久保は立ち上がったがファイティングポーズが取れず、カウントアウトとなった。

 

 

…関西で開催の日本タイトルマッチチャンピオンの久田選手が防衛達成V2ですか

 

ライトフライ級は日本選手がひしめき合っているとんでもない状況ですから、頑張り続けれて「指名挑戦者」になってしまえば問答無用で挑戦できる状況も巡ってくるかもしれません

 

ただ、どのチャンピオンも強いんだなぁ~(汗)

 

一番の格下(実績から言ってね)の拳四朗選手でさえ、相当なレベルですからねぇ

 

前戦の大劣勢からの大逆転はなかなかのモノでした

 

久田選手、その実力をぐいぐいあげて存在感をアピールするには東洋太平洋やWBO APを吸収するくらいの勢いが欲しいかもなぁ

 

さて、でも、ライトフライ級は張り合いがでますよねぇ

 

この日本で、同じ空気を吸っている世界チャンピオンが3人もいますからねぇ

 

頑張ってくださいっ

 

御愛読感謝

 

つづく

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

higege91さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。