ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:

あす小原佳太がWBOアジア戦、井上岳志は日本V1戦  BOXINGNEWS

 

>あす10日、後楽園ホールでゴングとなる「ダイヤモンドグローブ」の計量が9日、日本ボクシングコミッション(JBC)で行われた。メインのWBOアジアパシフィック・ウェルター級王座決定戦は、同級1位の小原佳太(三迫)が66.4キロ、5位のナロン・ブーチャン(タイ)が66.2キロで合格した。JBCは8月1日からWBOアジアパシフィック王座戦を正式承認し、今回の試合が承認後初のタイトルマッチとなる。

 

 元日本、OPBF・S・ライト級王者の小原(17勝115KO2敗1分)は昨年9月、ロシアでIBF世界S・ライト級王座に挑戦して失敗。4月の再起戦に勝利し、国内では15年4月のOPBF戦以来となるタイトルマッチを迎える。ナロンはボックスレクによると26勝21KO2敗。

 

 セミは日本S・ウェルター級王者の井上岳志(ワールドS)が同級1位の長濱陸(白井・具志堅S)と初防衛戦を行う。井上はリミットの69.5キロ、タイトル初挑戦の長濱は69.5キロでクリアした。アマチュアで国体王者になっている井上は10勝5KO1分、2015年全日本ミドル級新人王の長濱は7勝3KO1分で、無敗対決となる。

 

 アンダーカードでは、日本ライト級1位の吉野修一郎(三迫)がカティカー・サイトーンジム(タイ)と62.0キロ契約8回戦。昨年の全日本新人王で日本フェザー級15位の木村吉光(白井・具志堅S)は中川兼玄(三迫)とフェザー級8回戦を行う。

 

…さぁ、小原選手、あの悪夢の世界初挑戦失敗から再起しておりますが、その復活の狼煙をあげられるかどうかは今夜の出来次第ですなぁ

 

まずはWBOランクをゲットして世界戦戦に乗り込む…って、しかし、階級はウェルターに上げたわけですが、さて、このウェルター級っていうのは、日本選手にとってはスーパーミドル級以下の世界タイトルの中で最も厳しい階級のひとつでありまして、ズバリ言っちゃうと、まだ誰も獲得できていない、前人未踏の階級なんですよねぇ

 

過去に、辻本さん、尾崎さん…等々と名だたる名選手が挑んでおりますが、どうしても届かない…んですよねぇ

 

最近では亀海選手がかなり肉薄した印象ありますが、でも、ついに掴んだ世界挑戦のチャンスはスーパーウェルター級になっております

 

さて、小原選手、そのハードパンチ炸裂ありますでしょうか?

 

日本チャンピオンだった頃の勢いを取り戻して欲しいなぁ

 

そして、今夜はダブルメインイベントですなぁ

 

さぁ、日本スーパーウェルター級タイトルマッチでありますが、斉藤幸進丸選手との王座決定戦で勝利した井上岳選手の初防衛戦は指名試合の無敗対決であります

 

挑むは長濱陸選手は元全日本新人王…

 

これは盛り上がりますなぁ

 

きっといい試合になる、そんな予感…

 

仕事なければ観に行きたいなぁ~

 

くぅぅぅ

 

御愛読感謝

 

つづく

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

higege91さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。