ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:
井上尚弥、“11秒KO男”テテ陣営が対戦希望「メガファイトを起こせない理由はない」 THE ANWSER

>プロモーターが歓迎、井上側が希望すれば“即快諾”「冗談抜きで瞬く間に試合作る」

ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)はV7を達成し、今年はバンタム級に転向する意向を表明している。新たな舞台に上がる2018年は、どんな一年となるか。マッチメークに大注目が集まる中、あの“11秒KO男”の陣営が対戦を歓迎している。

【動画】今年はこの男が井上と激突!? 世界が驚愕した「11秒の衝撃」…レキップ・チャンネルが紹介したテテの「史上最速KO」の瞬間

「ウォーレンがゾラニ・テテVS井上尚弥を希望」と報じたのは、米ボクシング専門メディア「ボクシングニュース」だ。

 記事では、バンタム級に転向すれば、WBO世界王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)に挑戦する権利を持ち、テテのプロモーターであるフランク・ウォーレン氏は、井上側が望めば「テテVS井上」に賛成していると紹介。「冗談抜きでテテと井上の一戦を“瞬く間に”作る、とウォーレンは言う」と伝えている。

 テテといえば、昨年11月のシボニソ・ゴニャ(南アフリカ)戦でタイトル戦史上最短となる11秒でKO勝ちを果たし、世界に衝撃を与えていた。そんなバンタム級の怪物と拳をまみえることになるのか。運命の行方は「テテと戦いたいか否かを決める井上側のマネジメントにかかっている状況だ」と分析している。

 さらに、記事ではウォーレン氏が自身のサイト上のコラムで語ったコメントを紹介。井上側からオファーがあれば“即快諾”の意思を明かしている。

“夏激突”の可能性も…ウォーレン氏「このメガファイトを起こせない理由はない」

「我らがゾラニはナルバエスとの指名試合が控えるが、このメガファイトが起こせない理由は全くない。我々は瞬く間に届け出るよ。井上尚弥は明らかにバンタム級でベストを尽くしたがっていて、臆せず名指しもするが、それは明らかにゾラニ・テテだ」

 テテは2月10日にWBO同級1位オマール・ナルバエス(アルゼンチン)と指名試合を戦うが、井上とのビッグマッチを阻む理由にはならず、対戦に前向きな様子。記事では「もし、井上がバンタム級の世界タイトル戦に興味があれば、夏もしくは、それより前にテテと面することが可能だ」と夏の激突の可能性を指摘している。

 ただし、テテ戦については「井上にとってスーパーフライ級での経験と違うストーリーとなるだろう」とした上で「テテは明らかにこれまで井上がプロで対峙してきた誰よりも強打者だ。パンチ力の高い者と戦う限り、井上にとって大きな階級進出となるだろう」とバンタム級が簡単な道ではないと展望している。

「Monster」の異名を取り、数々の難敵をマットに沈めてきた24歳。新たな舞台で誰と拳を交え、どんな道を歩むのか。2018年早々、世界の注目は早くも高まりを見せている。


…本当かぁ⁈


井上選手のモチベーション的にはもってこいだし、相手にとって不足なしだけどなぁ


ただ、テテがナルバエスの指名試合クリアは条件ですが、まぁ、クリアするな


するでしょう


40代 ナルバエス応援したいけど、勝っても 井上2はないか ^_^


とりあえず更新

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

引退発表の井岡一翔が中国で復帰!? 東スポ

 

>中国で復帰? 前WBA世界フライ級王者の井岡一翔(28)が昨年大みそかに現役引退を発表し、波紋を呼んだ。

 父の井岡ジム・井岡一法会長(50)は昨年11月9日に一翔不在の会見で「結婚以降、東京に生活の拠点を移して(大阪の)ジムにコンスタントに来ていない。一翔本人も『準備が大みそかに間に合わない』と言っているので王座を返上した」と説明したが、一翔は大みそかに「(昨年)4月のV5戦前に(引退することを)決めて、父にも伝え『わかった』と言ってもらった」と語った。

 日本ボクシングコミッション(JBC)に対して昨年12月30日に引退届を提出。今後について一翔は「次のステージのビジョンはできている。今は言えないけど、期待を裏切ることなく期待を持ってもらえること」と話すにとどめた。ただ、引退したとはいえ「トレーニングは続けている」。現役復帰の可能性を聞かれると「ないとは言えない」と思わせぶりだったが、実際、海外のリングで復帰する可能性がささやかれている。

 昨年大みそかにWBO世界フライ級タイトルの初防衛に成功した木村翔(29=青木)は、一夜明け会見で今後戦いたい相手について「井岡選手と言いたいけど、昨日(大みそか)引退しちゃったから」と話した。その木村は、昨年7月にベルトを奪った鄒市明(ゾウ・シミン=36、中国)の陣営が持つオプション(興行権)を消化する必要がある。このため今年は中国で試合をする可能性が高いが、関係者によれば「そこで一翔も一緒にやるかもしれません」。

 大みそかの会見では、一翔の試合のスポンサーを長く務めてきたパチンコメーカーのボードが背後に置かれた。この企業が今後も一翔の活動をサポートしていくとの情報もある。スポンサーを維持できるとなれば、中国での復帰も不可能な話ではない。

 3月には29歳となる。復帰したとしても、昨年4月から1年近いブランクをつくってしまい、ピークが今後どれだけ続くかはわからない。3階級制覇王者は「ボクシングはウオーミングアップ」とも表現した。第2の人生への“最終決断”はどうなるのか。

 

 

…え⁉

 

なんで中国で戦うの?

 

お父さんとの確執は決定的だと思うけれど、移籍もできないようなこじれかたなの!?

 

まぁ、たぶん、物凄い 「感情論」 になっちゃっているとは思うし、となると、修復不能なほどの状況なんでしょうかねぇ~

 

ただ、井岡選手、奥様のことは引退会見で褒めちぎっていましたので、お父さんよりも奥様ってのは間違いないし、その奥様をいかにして幸せにするか⁉ ってのが人生のテーマの核となっているのだと想像するけれど、まぁ、その上で中国で戦うという選択肢が現実的ならばそれも選ぶべき道ということか…?

 

ううむ

 

ということで、井岡選手の話題はそれくらいにして、あの、昨日語らせていただいた僕のデビュー戦でありますが、なんとか 「及第点」 で切り抜けた模様であります

 

ただ、、まだR1が終わったところなので、このまま気を引きしめてまいります

 

ありがとうございます

 

今日は4時起きっ

 

御愛読感謝

 

つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。