ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:

東日本新人王決勝戦、スーパーフェザー級ジロリアン陸はマジシャン スポーツ報知

 

>プロボクシングの第74回東日本新人王決勝戦(11月3日、東京・後楽園ホール)の記者会見が10日、都内の後楽園飯店で行われた。全12階級のうち、相手の棄権によりミニマム級は実施されず、当日は決勝11試合が行われる予定。

 スーパーフェザー級のジロリアン陸(29)=フラッシュ赤羽=は、対戦相手の今井健裕(24)=ワールドスポーツ=との写真撮影で、口からトランプを出すカードマジックを披露して会場を沸かせた。

 ジロリアンは渋谷のセンター街の路上やクラブで手品を披露して生計を立てているマジシャン。中学からの趣味で、収入は月ごとに波があり約10~30万円ほどという。「マジックは独学ですが、本職です」と語り、決勝戦の入場では「グローブをつけていてもできるマジックを考えたい」と笑った。

 2014年の初戦はお笑い芸人のロバート山本とデビュー戦同士で対決し、4回TKO負け。その後は全KOの7連勝を飾っている。リングネームのジロリアンはこよなく愛する「ラーメン二郎」が由来で、「年間300杯食べるラーメンの半分は二郎」という。「ここまで全部KOで来ている。次もKOしてお客さんを楽しませたい」と意気込みを語った。

 今井は東京・二松学舎高時代に野球部に所属し、広島の鈴木誠也外野手とプレー。幼なじみには日本ハムの松本剛内野手がいる。「ジロリアンさんに勝って、KOしてラーメン二郎に行きます」と切り返していた。決勝戦には他にも、父が元東洋太平洋ミドル級王者・カシアス内藤、兄が元日本スーパーフェザー級王者・内藤律樹(26)=E&Jカシアス=というライト級という、内藤未来(25)=同=らが出場する。

 

…面白い選手がいるものですなぁ

 

ジロリアンの由来が、ラーメン二郎から来ているとは笑ってしまいます

 

そりゃぁ、好きな食べ物に固執することは理解できますが、でも、「リングネーム」にするほどとは笑っちゃいます

 

で、さらに職業がマジシャンとはねぇ…

 

でも、路上でマジックを披露して、それで月に10~30万円も稼ぐなんてすごいですよ

 

それでラーメン二郎を食べ続けるとは、なかなかの異色であります

 

そうか、内藤未来選手も決勝戦まできてますか

 

こちらも楽しみですね

 

そして、これに勝ったボクサーが栄光の全日本新人王へチャレンジできるわけですが、気が付けば、今年も師走に向かって突き進んでおりますなぁ

 

早い早い…

 

恐ろしいなぁ

 

さて、話題性のあるボクサーの台頭は大歓迎であります

 

御愛読感謝

 

つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。