ボクシング&ロック野郎 higege91の夜明けはまだか?

人生の曲がり角に遭遇したボクシング&ロック・マニアhigege91。暇を見つけてはホール通い。ああ、俺は戦っているか!? ああ、俺は俺の求める『俺』に近づいているのか!?


テーマ:

さて、個人的な話なんですが、このブログでも少し触れたことがあるのだけれど、「新しい挑戦」をしている…って話なんですが、幾人かの知り合いの方に「新しい挑戦」って何? とお問い合わせを受けてまして…

 

で、まぁ、みなさまからしたらどうでもよい話だと思うわけですが、気になる方もおいでになったようなので告白します

 

前々からチャレンジしたいと考えていたのは、運転免許における、最上位ともいえる、「大型2種」の取得であります

 

運転免許には1種と2種がありまして(まぁ、みなさんご存知だと思うわけですが)、通常多くの方が持っている俗にいう普通免許というのは1種でありますが、これはお客さまからお金をいただいて営業運転することはご法度なんですね

 

で、タクシーなどに搭乗してお金を頂くのを前提に営業運転するには2種免許に格上げする必要があるわけですが、僕はこれを大型で取得したわけです

 

つまり、1番大きな車を運転できる2種免許…を取得したっていうことで、タクシー営業はもちろんのこと、路線バスや高速バス、お客様を乗せて運転できる免許を取得したわけです

 

路線バス に対する画像結果

 

前々から挑戦したいと考えておりまして、実は、先月、某地方の自動車教習所に合宿して黙々と勉強に励んでおりました(汗)

 

約2週間で1時間のオーバーもなく無事取得にいたりましたが、40代中盤にして勉強するっていうのがこんなに面白いとは思いませんでしたねぇ

 

いや、最近、モノを覚えることに、どうにも違和感がありまして、若かった頃に比べるとどうにも鮮明さに欠ける印象が残ってしまう

 

で、これは新しいことにチャレンジをするには一刻を争うなぁ…って焦りもありまして、もう、飛び込めって感じでチャレンジしたわけです

 

これ、頭の中の鮮明さだけの問題ではなくて、もちろん、運動神経の劣化も徐々に進んでゆくことへの抵抗って意味もありました

 

だって、反応速度、どんどん鈍ってしまうじゃないですか?

 

まぁ、教習の過程で、非常に屈辱的な場面もありましたが(お客さまの命を預かる、責任の重い最上位免許ですからそれなりに厳しい)、それにも耐え抜きました(笑)

 

自分より若い指導員に「ほらほら、何度言ったらわかるの?」なんて軽蔑的に指導されてごらんなさいよ

 

これはなかなか堪えます…が、辛抱するしかないですし、悔しい思いをしてこそ覚えられるのもまた真実であります(効いたなぁ)

 

技能教習はいわゆる大型の路線バスタイプで行いますが、これが物凄い巨躯でありまして、死角が実に多い

 

なんといいますか、ジョージ・フォアマンになったような気持ちで運転しておりました(これは僕のイメージ)

 

なんでフォアマンか? って言われちゃうと、あれなんですが、まぁ、教習車も実に古いミッション車でして、最近のヘビー級チャンピオンであるスマートで凛々しいアンソニー・ジョシュアなんかのイメージとはどうにも重ならない(笑)

 

やっぱり、その路線バスの形からしても、アリよりも、フォアマン…って感じでして

 

さて、久しぶりに新しいことに挑戦して、本当に面白かったなぁ~と実感しているところであります

 

で、次はどうしようかな…なんて考えてもおります

 

僕はこれまで映像制作の仕事に携わってきまして(予算管理やロケーションコーディネイト業でした)、ずーっと個人事業主といいますか、自営業者としてやってきたわけですが、映画作り等の厳しいスケジュールや芸術家たち(映画監督ら)とのギリギリのせめぎあいの果てに内臓を壊してしまった経緯もあり(負けてばかりでしたので)、まぁ、新しい資格や別の可能性を探したいってのもありましたので、まずは、その第一歩として挑戦したわけですが、なんといいますか、まだまだ勉強できるっ、やれるっという新鮮な気持ちになってまいりまして、これはこれで、久々に楽しいなぁ…って思えて感動したわけです

 

いいですねぇ、挑戦者っていうのはいいですねぇ

 

さて、次はどうするっ⁉

 

ちょっと介護系の資格にも興味あるのですが、これって、真面目に、真剣に取り組めまなくちゃですよねぇ

 

でも、そういう時代に突入することは間違いないですし

 

僕は今さらながら目覚めて来つつあります(恥かしいですがっ)

 

ううむ

 

挑戦するなら早い方がいいっ ってのはわかっているのですが、さてさて…

 

御愛読感謝

 

つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

全米記者協会PFPランキング、井上尚弥は9位 BOXINGNEWS

 

>■全米ボクシング記者協会(BWAA)がパウンド・フォー・パウンド・ランキングを発表。1位はS・ライト級統一王者テレンス・クロフォード(米)、日本勢はただ一人、WBO世界S・フライ級王者の井上尚弥(大橋)が9位にランクされた。BWAAは今後、原則隔月でランキングを発表していくとのこと。井上は歴史あるリング誌のPFPランキングで8位に入っている。

 

1位 テレンス・クロフォード(米)

2位 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

3位 ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)

4位 サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)

5位 ギジェルモ・リゴンドウ(キューバ)

6位 マイキー・ガルシア(米)

7位 キース・サーマン(米)

8位 エロール・スペンスJr(米)

9位 井上尚弥(大橋)

10位 セルゲイ・コバレフ(ロシア)

 

…そうそうたる顔ぶれの中で、我らが井上尚弥選手が評価されるのは実に喜ばしいですなぁ

 

先月のアメリカデビュー戦は高評価で、「スーパーフライ2」が開催されるならばバンタムへの転級も踏み止まるとしている井上選手でありますが、次の防衛戦は国内開催を予定していましたが、他団体世界チャンピオンとの王座統一戦はどうやら実現は難しかったようで、通常の防衛戦になりそうだとのことですなぁ

 

でも、どんどん大きな舞台へ進んでいって欲しいですねぇ

 

日本のボクシング界の歴史を変える逸材であります

 

あのフィリピンの英雄、マニー・パッキャオのように世界の檜舞台へ羽ばたける逸材であります

 

ここから先は大橋会長の手腕と交渉力もさらに重要になって行きます

 

さぁ、大変だっ

 

次の防衛戦は年末開催だと思っていたんだけれど、対戦相手がまだ決定しないとなると…

 

どうなりますでしょうか?

 

そうか、もう10月だものなぁ

 

年末ってなると時間ないから厳しいのでしょうか?

 

とにもかくにも、楽しみな存在でありますなぁ

 

御愛読感謝

 

つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。