児童部門のグループ療育で、ハロウィンパーティーの買い物へ! | NPO法人 発達障害サポートセンターピュアブログ ~大阪東大阪にある発達障害・自閉症スペクトラムの子ども・大人の方への支援・相談~

NPO法人 発達障害サポートセンターピュアブログ ~大阪東大阪にある発達障害・自閉症スペクトラムの子ども・大人の方への支援・相談~

発達障害(自閉スペクトラム症・アスペルガー症候群・LD・ADHDなど)の子供や大人の方へのコミュニケーションのトレーニングを大阪東大阪で行っています。児童デイサービスの療育や、成人期の就労移行支援・就労継続支援B型・生活介護、相談センターなどの事業があります。

当法人のグループ療育「ピュアソーシャルスキルクラブ」では、ハロウィンパーティーの準備真っ最中です!

 

 

  

中高生グループでは、みんなで100円ショップへ行き、仮想グッズを買いました。

 

 

療育で外出する際は、もちろんレジでのお会計もご自身で行っていただきます。

施設内のみではなく、外出先でしか出来ない練習にも取り組んでおります!

 

 

そして、ある利用者のお子さんが、スタッフに「お皿の場所がわからない…」と、不安げにおっしゃられました。

この日は、仮装グッズの他にも、キャンドル作りをする際に必要な材料も買いに来ていました。

しかし、キャンドル作りで使うお皿が見つけられず、困っていたようです。

 

そこで、スタッフは持っていたメモ帳に、店員さんへのお皿の場所の聞き方を吹き出しに書いて利用者さんに伝えました。

 

利用者さんは、そのメモを見ながら店員さんに声をかけ、無事お皿を手に入れられました!

 

自ら店員さんに声を掛けることは緊張したかもしれませんが、その場で書いたメモでも、少しでも視覚的な手がかりがあれば、安心して利用者さんはチャレンジすることが出来たようです(^^)