夏季の健康診断受診時の水分摂取について | 東大阪病院 人間ドック・健診センター ブログ

東大阪病院 人間ドック・健診センター ブログ

大阪市城東区にある東大阪病院の「人間ドック・健診センター」スタッフによるブログです。

今回のブログは

 夏季の健康診断受診時の水分摂取について お伝え致します。

 

 

これから本格的に暑くなる季節がやってきますが、

健康診断や人間ドックの受診時の水分摂取、どうされていますか?

 

 

 

 

 

こんなこと考えたことがないですよね!

 

 

 

 

 

答えは「食事を抜いて」実施することが多い健康診断ですが、脱水症防止のため、食事は抜いても水分は十分取るようにしましょう。
ただし、血糖値などを測定することもあるので、糖分やミルクなどを含んだ飲み物は取らない様気を付けて下さい。

 


通常は胃カメラや胃透視の検査について、朝食だけでなく水分も控えるようお伝えしています。しかしこの時期には就寝時に過剰に汗をかかないようにエアコンを使用したり、起き抜けにコップ1杯(200ml)ほどの水を飲んだりして脱水にならない様にして下さい。
水を飲んで良い時間については、受診される医療機関でかならず確認して下さい。

暑い時期、ご自身の健康を確認するための健康診断や人間ドックを受ける前に、脱水でかえって体調を崩してしまうことのない様、しっかり準備して下さいね。