上腕骨近位端骨折とは? | 東大阪病院 人間ドック・健診センター ブログ

東大阪病院 人間ドック・健診センター ブログ

大阪市城東区にある東大阪病院の「人間ドック・健診センター」スタッフによるブログです。


テーマ:

当院に救急車により搬送された方の中には、『上肢骨折』の患者さんもいらっしゃいます。

 

医療関係者でもなければ『上肢骨折』という言葉自体、耳にすることすらないと思います。

 

上肢骨折とは?

 上肢の骨は両側合わせて64個もあります。

 まず、体(体幹)と腕をつなぐ部分の鎖骨・肩甲骨。そして、肩から肘の部分が上腕骨、肘から手首までを橈骨・尺骨、手を構成する手根骨、中手骨、指骨です。

 これら上肢の骨折は、骨折の起こった骨と部位によって、

 

  『鎖骨骨折』

 

  『上腕骨近位端骨折』

 

  『上腕骨骨幹部骨折 』

 

  『上腕骨顆上骨折』

 

  『肘頭骨折』

 

  『橈骨遠位端骨折』

 

  『舟状骨骨折』

 

  『中手骨骨折』 などと言われます。

 

 

 

当院で症例が多い骨折には、

 

  『鎖骨骨折

 

  『上腕骨近位端骨折

 

  『上腕骨骨幹部骨折

 

  『橈骨遠位端骨折』   があります。

 

 

 

今回は『上腕骨近位端骨折』について紹介します。

 

Q.上腕骨近位端骨折とはどのような骨折ですか?



上腕骨は、肩関節から肘関節をつなぐ骨で、上腕骨近位端とは、上腕骨の肩関節より近くの部分をいいます。
肩関節は、関節の中で最も大きな可動域を持つ関節であり、上腕骨近位端骨折は、骨に付いている筋肉、腱により最大4つの部分に分かれてズレ(転位)を引き起こします。
上腕骨近位端骨折は、若い人ではスポーツや交通事故などの強い外力によって生じ、小児では骨端線(成長線)を含んで損傷する場合もあります。
高齢者では転倒などの軽い外力で生じることが多く、特に女性が多い傾向です。
大腿骨近位部骨折(股関節)、橈骨遠位端骨折(手関節)、脊椎圧迫骨折と並んで高齢者に多い骨折の一つです。
 

 

Q.上腕骨近位端骨折の検査・診断とは?
単純X線撮影で診断が可能ですが、治療方法を決めるためには、骨折の転位程度の評価が重要になり、複数方向のX線検査、MRI検査、CT検査が情報を得るために有効です。
 

Q.上腕骨近位端骨折に合併する損傷とは?
上腕骨近位端骨折に合併する損傷には、神経損傷や脱臼があります。
    神経損傷:肩関節の挙上などの機能障害に影響します
    脱臼:骨折単独の場合と比べて、治療法が異なります

 

上腕骨近位端骨折の

治療法リハビリテーションの方法

合併症後遺症を知りたい方は

当院の特設ページをご覧ください。

 

特設ページは こちら です!

 

 




 

東大阪病院 人間ドック・健診センターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ