みなさん、インフルエンザにご注意下さい! | 東大阪病院 人間ドック・健診センター ブログ

東大阪病院 人間ドック・健診センター ブログ

大阪市城東区にある東大阪病院の「人間ドック・健診センター」スタッフによるブログです。


テーマ:

みなさん、こんにちはニコニコ

今日は当院リハビリテーション部のブログを紹介させていただきます。

今回のブログは作業療法士さんが書かれたみたいです。

では、作業療法士から見た、インフルエンザ・・・・・の記事です。

 


今回は 「インフルエンザ」 ついて、お話しさせて頂きます。

 

今年も、とうとう、「インフルエンザ」の季節がやってきました。


昨年は暖冬だったこともあり、あまり聞かれませんでしたが、
今年の年始より、当院でも外来患者さんで増えてきています。


多い日は、1日10名以上の方々がインフルエンザAの診断を受けています。

 

このような状況をふまえ、本日より面会禁止とさせていただきました。

入院患者さんへのインフルエンザ伝播防止と安全確保の為です。

何卒、ご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

 

昨日迄は、1階エレベーター前で
マスクの着用と手指消毒の注意喚起の声掛けをさせて頂きました。

 

 

 

私自身も、立たせて頂き、声掛けさせて頂いていますが、
よく聞く声として、
「予防接種の注射を受けたから大丈夫」
「ちょっとの時間だから、マスクいらんやろ?」
などと話される方々もいらっしゃいます。

 

実際は、
予防接種していても、重症化を予防することは期待できますが、
インフルエンザを発症してしまう方はいらっしゃいます。
また、少しの時間でも、咳やくしゃみで飛沫感染しますし、
手すり、ドアノブ、スイッチなどにウイルスが付いていて
触ってしまえば、接触感染すると考えられています。


時間というより、

感染経路を断つことが重要です。

 

インフルエンザから身を守るためには、


 正しい丁寧な手洗い!うがい!


 マスク着用での咳エチケット!


 人混みや繁華街への外出は控える!


 お部屋の湿度を50~60%で保つ!


などの方法が推奨されています。

 

私たちリハビリスタッフも、
普段からマスク着用と手指消毒は徹底しています。
患者さんにもご協力いただき、指導もさせて頂いています。

入院生活は、どうしても限られた環境での集団生活になりますので、インフルエンザが1人でも発症してしまうと、いろいろな制限をうけることになります。
毎日リハビリを行っている方は、当然リハビリは中止となり、隔離対応での治療となります。
同室者の患者さんにも影響が出る場合もあるため、リハビリ室でのリハビリが行えないこともあります。
もちろん、服薬などでの予防投与で対応も早急にさせていただいています。

 

かからない、うつさないことへの対策をし、実践していますが、それでも感染することもありますので、「インフルエンザかな?」と思ったら、医療機関を受診し、安静を心掛けて下さい。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

文責:作業療法士K          
*無断転載禁止

 

以上が、作業療法士さんのブログでした。いかがでしたか?

インフルエンザが病院内で流行することの怖さや影響などが分かっていただけたのではないでしょうか?

1日でも早くよくなっていただき、ご退院していただけるように努めるのが私たちの役目です。

患者さんの貴重な時間を有効に使っていただけるように今後も努めて参りますので、面会禁止でご迷惑をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い致します。

 

 

 

 

東大阪病院 人間ドック・健診センターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ