新しく導入した超音波検査装置のご紹介 | 東大阪病院 人間ドック・健診センター ブログ

東大阪病院 人間ドック・健診センター ブログ

大阪市城東区にある東大阪病院の「人間ドック・健診センター」スタッフによるブログです。


テーマ:

みなさんこんにちはニコニコ
蒸し暑い季節になりましたね!
こまめに水分補給をして、熱中症対策して下さいね。
但し、持病などで水分制限のある方は医師の指示に従って下さいウインク

ご紹介が遅くなりましたが、超音波検査室では、

昨年末、新規に汎用超音波診断装置ARIETTA70(アリエッタ70)を導入いたしました。

⇒要は超音波検査の装置が新しくなりましたγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

超音波検査装置は大変高価な装置であり、関係各位に感謝でいっぱいですニコニコ

超音波検査装置の機能は年々飛躍的に進歩しています。
新装置は画質、検査性能とも以前のものに比べて大きく向上しており、今まで以上の疾患検出力が期待できます。
以前ですと、乳腺超音波等で見えにくい部分があった場合、わざわざ他の超音波装置を出してきて確認することもありましたが、現在は体の浅い所、深い所、見えにくい部分等この一台で全て対応できるため検査時間の短縮にもつながっています。


こちらが新しい超音波検査装置です!

  ピカピカです♪

新機能としては、肝臓の「エラストグラフィ」機能が追加されました。

肝臓の硬さ(線維化:せんいか)が計測できます。
脂肪肝や肝炎が進行すると肝臓が硬くなり「肝硬変(かんこうへん)」という状態になります。

「肝硬変」には「肝臓がん」を発症するリスクがあります。

「エラストグラフィ」で測定することにより肝臓の硬さの程度を評価することができます。

通常の健康診断では、超音波は検査項目に含まれていません。
しかし、無症状のうちに進行する病気もあります。

毎年受けるのが難しいようでしたら30~40代は節目の年に(35歳など)、50代は毎年受診されるのがお勧めです。

当院人間ドックセンターでは、

腹部エコー(肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓、希望あれば前立腺も)が標準コースに含まれています。

頸動脈、乳腺エコー検査をオプションにて追加することもできます。


せひ、人間ドックにて年1回のエコー検査を受けましょう!!
当院人間ドック・検査課スタッフ一同心よりお待ちしておりますニコニコグッ

東大阪病院 人間ドック・健診センターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス