乳房の痛みについて | 東大阪病院 人間ドック・健診センター ブログ

東大阪病院 人間ドック・健診センター ブログ

大阪市城東区にある東大阪病院の「人間ドック・健診センター」スタッフによるブログです。


テーマ:

先日、超音波検査の学会(超音波に関する勉強の祭典みたいなもの)に行ってきましたニコニコ

私は仕事柄、超音波検査に関する本をたくさん持っています。

勉強のために読んだり、分からないことがあった時に調べたりするためです。
今回はその本を執筆した方々(医師や臨床検査技師)の講義を直接聞くことができ、大変勉強になりましたし、大変興奮しました(≡^∇^≡)
その道でのスペシャリストの言葉は自信と確信にあふれており、私だったら「後で責任とれないから言い切れない、無難に伝えよう」と思うようなことでも、「これは○○です!」と言い切ってしまうのです。これはたくさんの経験を持ち、さらにその言動に責任を持っているからこそであります。

 

「このありがたいお言葉を一言ももらすまい!」と講義に聞き入るとともに、「この方々に一歩でも近づき、患者さんに貢献できる技師になろう!」と心に誓ったのでありました。

さて、この学会の中で「乳房が痛い」と訴え検査を受けに来られる患者さんについての質問がありました。

 

質問内容は『乳房に痛みがある場合、がんではないといえるのか?』というような内容だったと思います。(記憶があいまいで申し訳ありません、メモを取りながら聞いていたもので・・・ ^^;;)

 

講師の方々の回答は次のようなものでした。

 

 「痛みがあるならがんではありません!」
 「痛みがありがんが見つかったと言う方は、おそらく痛みがあるので胸を触ってみたところ偶然にがんを見つけたのではないかと思う」

 

 随分以前より、「がんは痛くない」と言われていましたが、ここまですっぱり断言してもらえると気持ちがいいですね^^。

 

 『乳がんは痛くない』

 

今、まさに乳房やその周辺に痛みがあり「乳がんだったらどうしよう・・・」と不安に思っている方、少しは安心していただけましたでしょうか?
私の少ない経験の中でも「乳がん」と診断された方で痛みを訴えている方はいらっしゃいませんでした。
「しこり」に気付いて来院された方がほとんどで、あとの方には自覚症状がありませんでした。
痛みの原因は、生理に関連したものやホルモンバランスの乱れによるもの。また、乳腺以外の部位が原因のものなどがあります。筋肉痛の場合もあるようです。
私が検査を担当させて頂いた「痛み」を訴える方のほとんどは、「時々痛みがある」とおっしゃっていました。
「痛み」が気になる方は、生理周期と痛みの周期を照らし合わせてみるのがよいかもしれません。痛みのタイミングが生理の前や生理中、生理と生理の中間ぐらいにいつもあるならば生理に関連したもので異常ではありません。

 

ちなみに私は左胸が時々痛くなります。

「イタタタタ・・・」程度や「何かちょっと痛い・・」と胸を抑える程度です。

決まった時に痛くなるわけではないですが、生理的なものかなあと思って気にしていません。
また、乳房というより脇の下、体の側面が痛いとおっしゃる方が多く、これは肩こりや筋肉痛に関連する痛みなのかもしれません。一時的な原因や、姿勢や普段の動作に起因することが考えられます。腕や肩のストレッチをしてみるのもいいかもしれませんね。

ただし、

 「痛みが強くなってきた」

 「痛みの周期が短くなってきた、ずっと痛い」等、

症状がひどくなる場合は何か病気のサインかもしれません。

 

速やかに病院に行きましょう。

 

乳腺の良性の腫瘍(がんでないできもの)では大きくなると胸に痛みを感じるものもあります。また、乳がんでも炎症を伴うもの、あまりにも大きくなったもの(通常そうなる前に気が付くことが多いのですが)は痛みを伴います。

「乳がんは痛くない」と知って一安心、ただし乳がん検診はきちんと受診しましょう。
「痛みがない=自覚症状が少ない」ため、乳がんは何もしないでいると気が付きにくいのです。

講師の方は、痛みを訴えて受診した方には「乳がんは痛くないよ」と伝えるとともに
「これは『検診に行きなさい』という神のお告げですよ。」
と、お話しされるそうです^^。
本当に、お告げに違いありませんね!

皆様、いつでも気軽に乳がん検診にお越しください、お待ちしております!!

 

また、月1回の自己検診 しっかり続けていきましょう!

 

 はじめよう月1回の乳がん自己検診①

 はじめよう月1回の乳がん自己検診②

 はじめよう月1回の乳がん自己検診③

 

☆年に1回の検診と月に1回の自己検診をしましょう(*^_^*)

 

東大阪病院 人間ドック・健診センターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス