フットケア外来について♪

テーマ:

 

こんにちはビックリマーク

東大阪病院 外来看護師Aですおねがい

 

今日は外来で糖尿病患者さんを対象としたフットケア足の裏について

紹介させていただきます(・・*)+

 

●糖尿病フットケア外来について●

 糖尿病と言われたら足病変の予防が大切です!

 足のセルフチェックをしてみましょう人差し指

  橙足がしびれる、違和感がある

  橙足が痛い、冷える

  橙足がよく浮腫む(むくむ)

  橙足の皮膚が乾燥し、ひび割れがある

  橙まめや靴ずれがある

  橙靴の中の小石などに気づかないことがある

  橙タコがある

  橙足に水虫がある

  橙爪が暑くなって、爪切りに困る

  橙ときどき足にやけどする

  橙目が悪くて足が見えない

  橙たばこを吸っている

  橙血糖コントロールが良くない

※ これらに当てはまる項目が多いほど要注意ですWARNING

  なにか気になる事がある方は、お気軽に外来看護師へお声がけください。

 

  東大阪病院では、糖尿病フットケア外来を開設しております。

  足の知覚検査・アキレス腱反射検査・足浴・足の観察・爪切り・保湿などを行い、

  自宅でのセルフケア方法の指導を行います。
   医師や看護師が患者さんと協力して、あなたの足を守るのがフットケア外来です。

    足病変のチェック、足浴、爪切り等をさせていただきます。

 

   緑診療日時 : 月曜日~土曜日 13:00~ 、14:00~ 、15:00~(完全予約制)

   緑料金 : 1,700円(健康保険3割負担の患者さんの場合は510円)

   緑指導回数 : 1回/月

      予約については、診察時に主治医にご相談ください。

 東大阪病院 内分泌・糖尿病内科副部長  東本 貴弘

  かっこご相談ください。一緒に足を守りましょう!かっこ