トルコのお土産

テーマ:

トルコ旅行のお土産、出発までは何も考えていなかったが、

帰ってみればけっこう買っていた。

 

人にあげるなら、お菓子などの消耗品がいいと思うので、

買ったものを紹介しておく。

旅行中のfacebookで、知人におススメされたのが

「ターキッシュ・ディライト」
トルコではロクム(Lokum)という、柔らかい飴のようなお菓子である。
コーンスターチなどのでんぷんを練って、フルーツや木の実を練り込んである。

写真撮る前に1/3ほど食べてしまった。(^^)

 

 

現地では大手の、デニスというメーカーの、ピスタチオを入れたもの。
ドライブインで15リラ(450円)ほどだった。

こちらは別のメーカーの、イスタンブール空港の免税店で買った高級品。

 

3つで44ユーロだったから、ひと箱2000円ほどになる。
同じくピスタチオ入りで、さっきのはココナツをまぶしてあったが、こちらはダークチョコでコーティング。



ターキッシュ・ディライトは、

グランドバザールにも大きな看板を出した店があったし、

けっこうあちこちで購入できるし、失敗も少ないお土産かと思う。
 

現地のドライブインでは、下の写真のお菓子も買った。
ピーナツをキャラメルで固めたもので、
まあ、どこにでもあるし、どこで食べてもうまいもんである。

「パムッカレ・バルカー」は、高級品のメーカーで、これもいくらか忘れたが、

思ったより高かったように覚えている。

 

 

これも、ドライブインで購入。

 

 

トルコのエーゲ海沿岸は、オリーブの産地ということで、

バラの香りの高級クリームや手作りの高級石鹸など案内されたが、
こちらのシンプルなクリームなら、6つで1000円ほどだったかと思う。
バラマキ系の(^^;;お土産に、けっこう喜ばれた。

はちみつもトルコではたくさん生産されていて、

お菓子にもよく使われている。
ご覧のようなハチの巣つきのはちみつを1パック買ってきて、
朝食のパンにつけて食べている。

 

密閉が甘いので、ビニール袋に何重にもしてくるつもりのところ、

売っているお兄さんがセロテープでぐるぐる巻きにしてくれた。
にもかかわらず、スーツケースの中に少しばかり漏れていた。
なかなかクセモノである。(^^)

 

最後に「ピシュマニエ」というお菓子。

 

{51502295-7803-4988-B28E-691DA0F334DA}





綿菓子のような感じだが、
小麦粉なども入っていて、けっこうしっかりした食べ応えがある。

検索すると「おいしい」「くせになる」という評判がヒットするが、

日本ではほとんど輸入販売はされていないようである。