多勢に無勢

テーマ:

選挙の話を書く。


マスコミで報道される序盤の情勢、
疑問もあるが、まったくのねつ造でもあるまい。

まず、民進党の分裂について。

 

よく「屋根の上にあげてはしごを外す」というが、
そういうたとえでいえば、

前原は、「2階に上がってから、階段に気付いた」のだろうと思う。

民進党というのは、

2階に上がれない人から、1階に降りられない人まで、

階段のあちこちに散らばっていた人たちの、「階段政党」だったのだ。

前原の愚かさは、そのほとんどが2階に上がりたいのだろうと思い込んでいたことで、

実際、そういう者の方が多かったから、前原は党首に選ばれたので、

枝野も「野党共闘」も、しょせんは、多勢に無勢、だったのである。

 

この情勢で、2階対1階の勝負は、おおよそ、見えている。


たとえ2階で、
だれが上座だ下座だの騒ぎになろうとも、個人的にはあまり興味がない。

私は、無関心ではないが、無党派、
言ってみれば「無頼」なのである。

 ◇ ◇ ◇

去年の参院選、野党統一候補の側として、開票に立ち会った。


投票率も上がらず、得票率も想定をはるかに下回り、

思っていた以上の負けっぷりに、愕然としたが、
実は一番驚いたのは、ともに戦った人たちの悠然とした態度で、
おおよそ想定内、いわば「負け慣れ」した中で、なかなかの「健闘」だという。

そういえば当時の民主党、ほとんど動きがなかった。
 

正しいと思っていたわれわれは、

ずっと前から少数派、

しょせん、多勢に無勢だったのである。

 

 ◇ ◇ ◇

 

政治に興味のある人、

社会に異議申し立てをしようという人、

こういうブログを読んでみようという人、

まして心を動かされる人、


いまや、少数派である。
 

自分が貧乏人であると思っている者、
それに覚悟を持ち、金持ちを恨まないと決めた者、

自らの立場を公表し、それでもどこまでも、人の意見を聞いてみようと思う者、

 

さらに、少数派である。

 

諸外国には諸外国の立場があり、それぞれの芝居があると理解する奴、

カネのあるなしと人生の価値とは、あまり関係がないと実感する奴、
すでに少数派だからという理由では、自分の意見を変えようとしない奴、

もはや、絶滅危惧種である。

 ◇ ◇ ◇

カッコいいことを言ってはみても、
本当は、力もなく、疲れ果てている。

 

悪代官も、水戸黄門がいなければ、退治される可能性がない。
皆がそこそこ豊かになった社会で、

それはもう、悪でさえない、のかもしれない。

 

自分自身の信念には、いささかの揺らぎもないが、

人の考えを変えるのは、至難の業である。
 

そして私は、無頼者であると同時に、小心者で、

人に非難されることを、ひどく怖れてもいる。
 

さほど残りもない人生、選挙なり政治なりに、
いかほどのエネルギーを、割けるものだろうか。

 

 ◇ ◇ ◇


そもそも、

民主主義のシステムが、多勢に無勢、でもある。


あきらめているわけではないが、
ただ、こうして思いを綴るぐらいで、
この選挙期間を過ごすのではないかと思っている。
 

 

 

{85D3A173-AA4A-4872-9654-B9F8DCD24E51}

 

 

 

 

AD