立憲民主党が好き

テーマ:


枝野幸男氏を中心に、民進党の「選別され組」がこしらえた
立憲民主党

 

(画像はツイッターより)

 

2日に開設されたツイッターのアカウントのフォロワーが、
先ほど(日付が5日に変わった直後)、11万3000を超え、

自民党のフォロワー数を超えた。

もちろん、支持者数を反映しているわけでもないだろうが、

まあ、面白いのである。
悪代官にいじめられた百姓の、一揆のように見えるのだろう。

言ってることは一貫している。

右や左ではない、上からの政策か、下(草の根)からの政策か。
(私の言う、「本来の意味での左」)

イデオロギーではなく、政治手法の違いを問題としていて、

まさに「立憲主義・民主主義」、党名もそこに回帰した。

(私の言う、「保守」)

 

つまり、私好みである。

 

 ◇ ◇ ◇


前回、無所属で当選していた亀井静香が

今回引退するというニュースが流れてきた。

ここは綿貫民輔の選挙区だから、「国民新党」の人、という印象だが、
経歴を見ていて、

日本未来の党」という名前を久々に目にした。

2012年、民主党政権末期、
滋賀県知事だった嘉田由紀子をまつりあげ、環境を看板にしつつ、
消費増税の問題で民主党を離れた小沢のグループに、
亀井静香、河村たかし、山田正彦など、個性の強い面々も集まった
よく分からない「野党第2党」であった。

 

2012年の11月に結成、

安倍自民が政権に復帰する選挙で、小沢ガールズなど多数を落選させ、
翌月には分裂した。

今となっては、
「希望の党」というのが、

来歴も、内実も、名前さえも、
この「未来の党」に似ている気がして、仕方ない。
 

 

 

 

AD