プレーオフシリーズ初戦「ザ・ノーザン・トラスト」結着 | 電車で酔いどれゴルフのブログ

電車で酔いどれゴルフのブログ

ゴルフの事や食べ歩きなど適当に記述します

Patrick Reed's winning highlights from THE NORTHERN TRUST


パトリック・リードが優勝 松山英樹は30位 / USPGAツアー
2019-08-12 11:00

https://shotnavi.jp/newslive/news_29552.htm

 米男子ツアーのプレーオフシリーズ初戦「ザ・ノーザン・トラスト」は11日、米ニュージャージー州のリバティー・ナショナルGC(パー71)で最終ラウンドが行われ、パトリック・リード(米)が通算16アンダーで2018年のマスターズ以来となるツアー通算7勝目を挙げた。

 通算15アンダー単独2位にエイブラハム・アンサー(メキシコ)、通算14アンダー3位タイにジョン・ラーム(スペイン)、ハロルド・ヴァーナーIII(米)が入った。

 松山英樹は1イーグル、1バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの「72」とし、通算6アンダー30位タイで終えた。

 来週のBMW選手権(米イリノイ州/メディーナCC)にはフェデックスランキング上位70人が進出。松山は初戦を終え33位につけている。

===
33位の松山選手が30位以内しか出場できない最終戦に出場できるでしょうか???
==

予選落ちなしの第2戦に松山英樹、ウッズら出場 30人が最終戦へ進出 / USPGAツアー
2019-08-13 11:31

https://shotnavi.jp/newslive/news_29556.htm

 プレーオフシリーズ第2戦のBMW選手権は米イリノイ州のメディーナCCで開幕。今大会には初戦のザ・ノーザン・トラスト終了後のフェデックスランク上位70人が出場し、予選落ちなしで行われる。

 昨季大会は米ペンシルベニア州のアロニミンクGCで開催され、キーガン・ブラッドリー(米)が6年ぶりのツアー通算4勝目を挙げた。同選手はフェデックスランク66位から30人が進む最終戦「ツアー選手権」を目指す。

 タイガー・ウッズ(米)は初戦の第2ラウンド前に腹斜筋の痛みにより棄権したが、今大会にエントリーしている。また、松山英樹をはじめ、前週の初戦を制したパトリック・リード(米)、ブルックス・ケプカ(米)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)、ダスティン・ジョンソン(米)らが出場する。

 なお、今季から最終戦を制した選手が年間王者となり、ボーナスの1500万ドル(約16億円)を獲得する。

==
リードが15位に浮上、松山英樹は32位/男子世界ランク / ワールドランキング最新情報
2019-08-13 12:00

https://shotnavi.jp/newslive/news_29557.htm

 11日付の男子世界ランキングが発表され、プレーオフシリーズ初戦「ザ・ノーザン・トラスト」でツアー通算7勝目を挙げたパトリック・リード(米)が9ランクアップの15位に浮上した。

 上位陣は1位のブルックス・ケプカ(米)から4位のジャスティン・ローズ(英)まで変動なし。タイガー・ウッズ(米)とジョン・ラーム(スペイン)が入れ替わり、ウッズが6位に後退している。

 日本勢は松山英樹が32位、今平周吾が74位、星野陸也が105位、小平智が123位となった。

==

デシャンボーとケプカがスロープレーについて会話 / USPGAツアー
2019-08-12 15:00

https://shotnavi.jp/newslive/news_29553.htm

 11日、米男子ツアーのザ・ノーザン・トラスト最終日の朝、ブライソン・デシャンボー(米)とブルックス・ケプカ(米)がスロープレーについて話し合ったようだ。米ゴルフワールドが報じている。

 2日目に1パットに2分以上、70ヤードのアプローチショットに3分以上かける場面がSNS上で拡散され、デシャンボーは選手たちから批判を受けた。一方、ケプカはプレーが早く、スロープレーに対しては公の場で、時には選手名を出して意見してきた。

 最終日の朝、ケプカは午前11時10分、デシャンボーは同11時30分スタート。デシャンボーはケプカのキャディに「ケプカと会話をしたい」と伝え、練習場で会話が始まった。

 細かい内容は明らかとなっていないが、ケプカはスロープレーの問題について話し、決してデシャンボーを締め出そうとしている訳ではないと説明。デシャンボーは「(会話は)ファンタスティックだった。前にも名前を出して意見してくれた。僕は彼を尊敬している」とラウンド後にコメントした。

 米男子ツアーも公式サイトで声明を出しており、責任者であるタイラー・デニス氏は「ファンも選手もこの(スロープレー)問題に関心がある。テクノロジーが(解決する)鍵」とショットリンク(ショットのデータ、プレー時間など多くのデータを記録するシステム)を活用できればと考えているようだ。