心理セラピストひがしさやか 〔HARE Lab 〜こころ晴れる研究室〜〕

心理セラピストひがしさやか 〔HARE Lab 〜こころ晴れる研究室〜〕

うつ、PTSD、パニック、摂食障害、
パートナーシップ、仕事、人間関係など、
心にまつわる様々な問題を
心理療法【リトリーブサイコセラピー®】を使って
解決に導くお手伝いをしています


テーマ:

リトリーブサイコセラピー®を使って

 

対人恐怖・愛着障害・PTSD・うつ

人間関係の悩み等

心の問題解決をサポートしています。

 

心理セラピストのひがしさやかです。

 

 

 

先日の連休の間に

お友達のクリスタルボウルの

演奏会にいってきました。

 

 

クリスタルの倍音が体の芯に共鳴するため

とってもリラックス効果が高いそうで……

 

 

翌日、体がゆるっゆるになって

起き上がれませんでしたw

 

image

写真はクリスタル…ではなくてw

演奏会会場で食べたカフェランチ^^

 

 

そして、新年のセッション。

いつも忘れてしまう

セッションルームの写真を撮りました。

 

 

image

クライアントさまをお迎えする前^^

 

 

こんな雰囲気で、セッションしてます。

こちらは六本木。

 

 

このお部屋か、

大井町の会場で行うことが多いです。

 

 

「広いですね!」と驚かれることも。

 

 

心理セラピーは、

「エンプティチェア」

という空のイスを置いて

問題を整理しながら進めていきます。

 

 

なので、広いスペースに

たくさんの椅子が並んでいます^^

 

 

image

 

おじさまのイラストが可愛らしいお菓子ラブ

クライアントさまからいただきました。

…大感激の美味しさお願い

心から、ありがとうございました

 

 

さて…新春目標設定シリーズ…

え…?

 

 

まだ続けるのかって??

(しつこいよねww)

 

 

はい、

まだ書きたいことあるんです、私(笑)

 

 

いきますよ!

新春目標設定シリーズ第4弾!!!

(シリーズ名つけましたwwww

 もう新春でもないけど、何か?)

 

 

ここまでを振り返ってみますね。

 

 

第1弾は新年のご挨拶でお伝えした

目標に対しての

モチベーション、動機についてでした。

 

 

第2弾

具体的に目標をより具体的に描く事の

重要性を書きました。

 

 

第3弾

目標を描く以前の心理的な問題について。

 

 

そして…

実は他にもあるんです。

目標達成を阻む、心理的な壁。

 

 

* * * *

 

 

第3弾まで、

特に問題は感じなかった。

 

 

やりたいこともあるし、

モチベーションもある!

 

具体的な構想もある!

 

そこに向かって努力もできる!

 

着々と目標に向かって進んでる!!

 

 

けれども、

 

なんだけど…

 

 

あなたにはこんなことはないですか???

 

 

✔️達成間際に、突然やる気がなくなる

 

✔️達成まぢかで、失敗してダメになる

 

✔️目標を達成した途端、無気力になる

 

✔️努力しているのに、今一歩上手くいかない

 

✔️ここぞという時に限って体調を崩す

 

✔️突然、積み上げた全てを壊したくなる

 

✔️失敗するほど力が湧いてくる

 

 

いいところまで行くんだけど

あと一歩というところで

目標に届かない。。。

 

 

それが

 

 

「達成してはいけない!!」

 

 

 

という潜在的な壁。

 

 

スポーツなどを見ていると

たまに、あれ?これは・・・

と思うことがあります。

 

 

能力は充分なのに

普段はしない些細なミスで

入賞を逃してしまう選手。

 

 

しかもそれが、1度だけでなく

パターンになっている場合。

 

 

スポーツ以外にもありますよね?

《能力を発揮できずダメになってしまう》

パターン。

 

 

そして、この無意識のパターンの

特徴は、

 

 

失敗して、どん底を経験すると

悔しい!!!

クッソーーーーーーー!!!

 

 

と、いう底力がメラメラ湧いてきて

また、目標に向けてバリバリ頑張ること。

 

 

頑張って

直前でダメにして

またやる気を吹き返して・・・

この波を繰り返す傾向にあります。

 

 

実はこれ、何が起こっているかというと。

 

 

意識の上では

目標達成を望んでいながら

 

 

無意識や体の感覚では

目標達成しないことを

望んでいるんです。

 

 

そう、達成を阻んでいるのは、

能力のあるなしではなくて

(無意識の)

自分の「達成したくない」

という想いなんです。

 

 

他の誰でもない自分が

阻んでいるんですね。

 

 

実は、私はこれが

とっても強かったんですよーー

 

 

お芝居をしていた時期に

 

・オーディションを受ける直前で辞退する

・合格した途端、無気力になる

・いただいた大きな仕事を降りることになる

 

ということが多々ありましたチーン

 

 

〇〇したいけど

〇〇したくない

 

 

いわゆる、

アクセルを踏みながら

ブレーキを踏む

ダブルバインド(二重拘束)の状態です。


 

これってすごくしんどいんですよ。

だって努力が実らないんですよ、

永遠に。

 

 

そのくせ、悔しい!!と思いながら

内心「ホッ」としているんですね・・・

 

 

そのうちに自分には

能力がないからなんだと落ち込み、

 

 

「どうせできない、ダメな私」

という自己イメージが強化され、

 

自分への信頼をなくし、

 

「もうあんな努力は続けられない」

と目標に向かって進む力さえなくしていきます。

 

 

これを持っていたら

自分の人生を思うように実現することはかなり難しいですよね・・・

 

 

ではどうして無意識では

達成したくないのでしょうか??

 

 

ちょっと想像してみましょう。

 

もし、目標達成しないことで

自分にとって良いことがあるとしたら

それはどんなことでしょうか??

 

 

⚫︎達成した先の責任を負わなくていい

⚫︎本気を出さなくていい

⚫︎できない間は人に助けてもらえる

⚫︎達成したら人から誹謗中傷されそうで怖い

⚫︎達成してしまったら、頑張れなくなりそう

⚫︎達成してしまったら、孤独になりそう

⚫︎達成した先で能力を試されるのが怖い

 

 

様々なことが考えられます。

 

 

これをリトリーブサイコセラピーでは

二次利得と呼んでいます。

 

リトリーブサイコセラピー心理メモ

【問題を持つ二次利得】

問題を抱えている時というのは、

その問題を持っていること自体が辛くて苦しくて困る状態です。

ですが、反対に、その問題を持っていることで「良いこと」「メリット」もあるんですね。

それは必ず、どんな場合でもです。

それを「二次利得」と呼んでいます。

 

ここを深く掘っていくと

びっくりするような本心が

潜んでいることがあります。

 

 

この利得を手放してしまうのが

怖いからこそ

達成しないことを選択し続けてしまうんですね。

 


さて、こういう方は幼少期に

家庭でこんな経験を

しているかもしれません。

 

 

⚫︎過保護、過干渉な家で育った

 

⚫︎養育に無関心な家で育った

 

⚫︎ダメでできない時だけ両親が構ってくれた

 

⚫︎できると親・兄弟から嫉妬された

 

⚫︎親が厳しく、支配的だった

 

⚫︎「お前はできない子」だと言われて育った

 

心当たりないでしょうか



 

ではこれって、親のせいなの??

と言うと、

そういうことではないんです。

 

 

子どもの頃にはこういった環境で

仕方なく身につける

思い込みや無意識の壁ではあるんですが、

 

 

大人になったあなたが

ここからどんな価値観を選択していくか?は

自由に決められるということなんですね。

 


けれど、

「達成しない」「自分の人生を実現しない」

ことを選んでしまうというのは

 

 

大人になっても心理的に親の支配下にいて

親から自立することを

自分に許可できていないためだと

私は感じています。

 

 

(結婚して子どもがいる

経済的に自分で稼いで生活してる

という、ことではなくて

あくまでも「心理的な」意味合いです)

 

 

自分の人生を実現するというのは

 

・親の人生と私の人生は違うよね!

 

・自分の力で生きていくね!

 

ということなんです。

 

 

その決別をするのが怖いからこそ

自分から親の存在を繋ぎとめておこうと

しがみついてしまうんです。

 

 

では、どうすればいいのか??

 

 

自立に必要なのは安心感です。

 

 

自立を喜んでくれる人がいる

 

自立しても孤独にはならない

 

自立しても困った時には助けてくれる人がいる

 

自分自身で自分の望む環境を作っていくことができる

 

人と協力しながら新しいものを創造してくことができる

 

 

このような

 

自分への安心感・信頼感

外の世界への安心感・信頼感

 

 

これらを育てていくことが

自立へとつながりひいては

目標達成へとつながっていきます。

 

 

心理セラピーではそこを

サポートしているんですね。

 

 

* * *

 

 

さて…正直に告白すると、

リトリーブの公認心理セラピストの

認定をいただいた時、

 

 

私はこれが発動して

無気力になりました。

 

 

やる気「0」 チーン

 

めっちゃハードな訓練を超えて

あんなにやりたいと思っていたのに

 

「私のやりたいこと、

 これじゃなかったのかもしれない」

 

 

とまで思ったんですよw

 

 

これが無意識の怖いところ滝汗

 

 

自分の本当の望みも感覚も

うやむやにしてしまうほどの

強い力を発揮するんです・・・

(こっわーーー!)

 

 

でも、私、自分にこのパターンがあることを

自覚していました。

 

 

それに、これまで散々やり尽くして

後悔してきたので

今度こそはそれを続けたくなかったんですね。

 

 

なので、無気力になった時に

慌てませんでした。

 

 

「あ。出た、無意識のパターンだ」

 

 

実はこれがめちゃくちゃ大事なんです!!!

 

 

無意識の反応はそれ自体は

コントロールできませんが、

まずは自覚することで

一旦、冷静になれるんですね。

 

 

過剰に焦ってしまったり

無気力なまま「辞めよう」と決断したり

ガッカリして自分を責めたり・・・など

衝動的な行動を止めることができます。

 

 

そして、自分の反応が

本当の望みなのか?

恐怖からの回避行動なのか?

自分と静かに向き合うことができるんですね。

 

 

それでも反応はしてしまうもの。

私の場合は、無気力になって

ずっとマンガを読んでました。

ダメピスト……

 

 

でも反応と自分の本当の望みは

きちんと分けて、自分のアホな行動にも

仕方ないなと笑うことができました。

 

 

で、仲間のセラピストさんたちに

何度も同じテーマで問題を整理してもらって

ああ、やっぱりここに向き合わないとダメですよねゲロー

と、問題の根っこを特定して、

向き合うの怖いな…とグズグズして

最終的にセッションを受けて

無気力状態を脱出しました。

 

 

まぁ・・・

このように、当然ですが

セラピストだからって問題が

ないわけではないんです。

ははは

 

 

でも、この無意識のパターンを

自覚してなかったら・・・

 

 

これまでの努力を反故にして

「もっと私に合う仕事が他にあるはずだ」

と最もらしい理由をつけて

また、新しい目標探しの旅に

出ていたと思います。

 

 

これを人生で続けていくとしたら・・・

何にも達成感を持てないまんま

 

 

死ぬときに、

絶っ対、

後悔するよね!!

 

 

心のことを学んで

たくさんの問題を手放してきたから

ここは絶対に解決しようと決めていました^^

 

 

目標がなかなか叶わなくて

心が折れに折れてきた過去の私からすると

信じられないことですが

 

 

自己実現てできるんですよ。

 

 

だから、もし今、同じ問題に

悩んでる方がいたら

自分を諦めないで欲しいです。

自分が望めば解決は必ずできますニコニコ

 

 

そして、自分のネガティブな反応パターンに

気づいたら「これは!!」

とまずは気づくところから始めていきましょクローバー


 

長くなりました!

それでは、またクローバー

 

■リトリーブサイコセラピーのご案内

 

2019年1月の予定をアップしましたひらめき電球

期間限定モニター価格にてご提供中です

お早めにどうぞ!!

 

リトリーブサイコセラピー® 

 個人セッションご予約 

悩みを根本解決したい。

安心感を育てていきたい。

そんなあなたへ

セラピーのお申込みはこちらから下矢印

1月のご予約可能日
 

**************

 

リトリーブサイコセラピー®個人セッション

について、

詳しく知りたい方。

まずはこちらをお読みください下矢印

 

個人セッションのご案内

 

**************

 

リトリーブサイコセラピー®

電話カウンセリング

 

今抱えてる悩みにも解決があるの?

経験を積んだリトリーブのセラピストが

お電話であなたのお悩みをお伺いします。

 

協会のメルマガへご登録いただくと

特別価格で受けられます★

 

 

 

リトリーブのことをもっと知りたい!

 

お茶会のお知らせ

 

いつもひとりでぐるぐる悩んでいる

心理初心者さんのためのお茶会

どなたもお気軽にご参加いただけます

 

大阪:2月10日(日)10時~14時

  担当:古田しほ


東京:2月23日(土)13時~17時

 担当:木村貴子

 

一般:5000円

協会メルマガ読者:4500円

 

 

 

公認心理セラピスト

オープンセッション

 

リトリーブサイコセラピーを

実際に観られます!

自分がクラインアントになるチャンスも^^

 

大阪:3月21日(木・祝)

 

 

リトリーブサイコセラピー®について

詳しく知りたい

 

 

**************

 

日本リトリーブサイコセラピー協会

メールマガジン

 

経験豊富な協会の公認心理セラピストだからこそ語れる

深くて役立つ心の話をお届けしています!

 

わたしも定期的に寄稿しています^^

 

 

 

 

 

 

 

■Profile

 

ひがし さやか

(東 沙弥香)

 

 

日本リトリーブサイコセラピー協会

公認心理セラピスト

東京・埼玉を拠点に活動中。
 

1980年生まれ。

大鶴和江氏が開発した心理療法、リトリーブサイコセラピー®を使って、心理援助を行う。トラウマ、パニック、PTSD、うつなどの深刻な悩みから、愛着障害、対人恐怖、人間関係、子育て、恋愛、結婚、仕事の悩みなど問題解決のサポートをしている。

 

幼少期より漠然とした生きづらさを持ち続ける。

その生きづらさを糧に俳優を志すも浮き沈みの激しい不安定な日々を送る。30歳を過ぎた頃よりパニックや不安障害のような症状に悩まされるように。心理療法に出会い、生きづらさの根っこが愛着の傷付きによるものだと腑に落ちる。今ではそれらの悩みだけではなく、人間関係の悩みも改善され、安心感と共に、自分の望む仕事を実現できるまでに。

 

多くの人が肩の力を抜きながら、よりその人らしく幸せに生きられるように、広く心理セラピーを届けるべく活動を行っている。

 

 

NLP心理セラピューティックコース卒業
リトリーブサイコセラピープロコース卒業

リトリーブサイコセラピーハイパーコース卒業
講座にてアシスタントに従事