月食@気仙沼 | 弁護士法人 東法律事務所の事務員ブログ@気仙沼

弁護士法人 東法律事務所の事務員ブログ@気仙沼

東日本大震災に起因する民事・家事・行政事件を多数受任しており、業務を通じて復興のお役に立てるよう頑張っています。

宮城県気仙沼市赤岩老松41-2
0226-25-7234

法律相談は,お電話でご予約ください

 

(電話)0226-25-7234
ホームページURL http://higashi-law.or.jp/ 

 

※当事務所は,感染症対策を行いつつ,通常どおりに業務を行っています。

 

 

 

11月19日 『部分月食』 が見られましたね。

月食とは、太陽・地球・月が一直線に並ぶとき、地球の影の中を月が通過することによって、

月が暗くなったり、欠けたように見えたりする現象のことです。

 

月食自体が日本全国で観測でき、さらに食分が最大になる瞬間がどこの地域でも見られる「とても深い月食」は、

国立天文台によると、1881年12月6日以来実に140年ぶりのことで,今回は,月の直径の実に97.8%までが影に入り込んだそうです。

今回(最大食分0.978)よりも食分が大きく「日本全国」で食の最大が見られた前回の部分月食は、

140年前の1881年12月6日(最大食分0.980)です。

次回は65年後の2086年11月21日(最大食分:0.992)に、ほぼ日本全国で見られます(南鳥島では食の最大が見られません)。

参考:FNNプライムオンライン 

 

 

 

 

友人が撮ったものですが,見えますでしょうか?やや欠け月

雲があまりなかったので,月食の様子がとてもよく分かりましたお月様

 

月食が終わったお月様は,光り輝いてとても綺麗でした満月ニコニコ

 

ふかひれ星