谷藤太のenjiなかんじ

谷藤太のenjiなかんじ

劇団enjiで脚本・演出をやっております。


テーマ:

都合つかず、近頃なかなか観劇できなかったのですが、
『琉球の風』劇団東演を観てきました。旅行会社の沖縄ツアーが発端となり、

沖縄の現在の基地問題を巡り、様々な立場から議論を闘わす。

リアルタイムな問題だけに、観客も
どの立場にたってみるか悩ましいし、そこが面白い。
息苦しくなるほどのトークバトルを、テンポ良い場面転換と、

絶妙に入る音楽が癒してくれました。
再演とのことで、演者さんたちの空気感も程良かったです。
沖縄のイントネーション、大変だったと思います。
7月1日までやっているそうです。
10代のヤングたちには、ぜひ観てほしい作品ですね。
日本中の中高校で上演できれば、何かが動くのかも。
やっぱり「知る」ということは、大切なんですね。

おっさんたちも、がんばりましょう

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス