眞子さま 名前隠してボランティア | ひふみ塾 世回りブログ

ひふみ塾 世回りブログ

夜回り、防犯パトロールを通じて地元の少年達の非行防止や立ち直り支援など幅広く少年問題に関われたらと立ち上げました!

子ども達の未来のために、勉強しながら、食や医療などの真実や嘘を暴いて行こうと思います!

夜路死苦お願いします!




眞子内親王、身分隠して「まこしー」と名乗り
震災被災地でボランティア活動していたことが判明



秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまの、ご公務とは違った
一面が感じられる大学時代の写真。
皇室担当の宮崎千歳記者が、この写真にまつわるエピソード
についてお伝えします。



(この写真はいつ撮られたもの?)
この写真は、東日本大震災が起きた2011年の7月、大学2年生
の眞子さまが、被災地にボランティアに行かれたときの写真
なんです。
この年の10月の記者会見で、眞子さまは被災地について、
このように語られています。

「メディアの報道を通して、震災の状況について理解したよう
に思っておりましたけれども、実際に行ってみないとわからない
ことがあると実感いたしました」



これがそのボランティアに行った際のご感想なんですけれども、
ご自分は、まだ当時19歳で未成年であると。
だけれども、今の自分にしかできないこと、今の自分にできる
ことをしたいと強く思われて、その結果、皇族としての身分は
明かさずに、1人の大学生として、被災地に入られて
ボランティアをなさった。
高校時代のニックネームの「まこしー」という名前で、
「まこしーです」と片手を上げて自己紹介をされたそうなん
ですが、大人も子どもも、全く眞子さまであることに
気づかなかったそうなんですね。
子どもたちも「お姉ちゃん、お姉ちゃん」と呼んで駆け寄って
くるようなそういう状況だったと聞いています。
眞子ちゃんの「ちゃん」をアルファベットで書いたものの
「C」だそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20151106-00000707-fnn-soci