自律神経とカラダ | 生理痛改善から女性のキレイと楽しいを支える札幌北区鍼灸院

生理痛改善から女性のキレイと楽しいを支える札幌北区鍼灸院

生理痛や生理不順などの婦人科疾患で悩んでいるけど
ピルなどの薬には頼りたくないと考えているアナタ。
鍼灸は生理痛などの婦人科症状に効果的ってご存知ですか?
女性鍼灸師が女性ならではの目線で、女性疾患と冷えの関係性などについて様々な視点からお伝えします!

 

本日もブログ訪問

ありがとうございますお願い

 

札幌市北区で

「生理痛改善プログラム」と

「妊活温活サポートプログラム」を提供している

鍼灸師の佐藤ですパグキラキラ

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○

 

 

 

カラダやココロの状態の話で

よく出てくる

 

 

自律神経

交感神経

副交感神経。

 

 

 

 

 

名前は知っているけど

 

実際に

どんな働きをしているのかなど

よくわからない

 

 

 

そんな方のために

今から簡単に説明していきましょう!

 

 

 

 

 

 

突然ですが

 

 

皆さんは何か

苦手なものありますか??

 

私は雷と鳥が苦手…汗

 

 

薄暗い天気の中

ピカッと光り、

ゴロゴロとおおきな音を立てる雷が

小さい頃から苦手。

 

 

鳥は小さい頃に

パン屋さんにおつかいにいった帰りに

カラスに襲われかけたことがきっかけで苦手に…

 

 

 

 

苦手なものや怖いものを

想像したり、見たりすると

 

自然と体に力が入ったり

心臓がバクバクしたり

汗をかいたりしませんか?

 

 

 

 

逆に

 

落ち着いたり

眠たくなったり

リラックスする

なんて人、いませんよね(笑)

 

 

 

 

 

 

苦手なものや怖いものなどを見ると

 

心臓がバクバクしたり

汗をかいたり

呼吸が早くなったり

手足が冷たくなったり

 

 

 

実はこれ

”興奮させる交感神経”が

優位になっているから

 

 

 

 

 

 

交感神経とか副交感神経って

よく聞く言葉だけど

 

正直よくわからない

という方がほとんど

 

 

私もこの道に進んでいなかったら

多分よくわかってなかったと思います(笑)

 

 

 

 

簡単に説明すると

 

 

”興奮させる交感神経”

”リラックスさせる副交感神経”

 

合わせて自律神経と呼ばれ

 

 

手足などの筋肉を動かす

運動神経とは違い、

 

 

自分の意思とは無関係に

「自律」して内臓などの

コントロールをしています。

 

 

 

 

 

交感神経と副交感神経は

互いにバランスをとりながら

 

体内の環境を保っていて

 

 

 

心臓、内臓、血管、筋肉、

汗腺、瞳孔、膀胱など

 

これらもこの二つによって

収縮したり拡張したりをしています。

 

 

 

 

 

例えば

 

とか

これから試合だ!とか

これからプレゼンだ!とか

 

気合が入ったり

緊張したり活動的な場面になると

 

 

 

目が冴えたり

 

唾液が減り、喉がカラカラになったり

 

心拍数が増えてドキドキしたり

 

手が冷たくなったり

 

汗をたくさんかいたり

 

しますよね?

 

 

 

 

これは

”興奮させる交感神経”

優位な状態になっているから

 

 

 

試合前など

緊張して寝れなくなるのも

 

この”興奮させる交感神経”が

優位な状態になっているから

 

 

 

 

 

 

反対に

 

寝る前

自宅でのんびりしているとき

食事の後など

 

リラックスした状態のときって

 

 

 

ぐるぐるっと腸が動いたり

 

呼吸がゆっくりだったり

 

脈がゆっくりだったり

 

眠たくなったり

 

しませんか?

 

 

 

 

これは

”リラックスさせる副交感神経”

優位な状態になっているから

 

 

 

 

 

このようにカラダは

場面場面に合わせて

コントロールしているんです。

 

 

 

 

これが何らかの原因により

不具合が生じ

 

 

常に

 

”興奮させる交感神経”

優位だったり

 

”リラックスさせる副交感神経”

優位だったりすると

 

カラダに不調が起きてくるんです。

 

 

 

 

 

 

 

例えば

常に”興奮させる交感神経”が優位だと

 

子宮が常に収縮した状態になるので

生理痛がひどくなったり

 

カラダが興奮状態にあるので

寝つきが良くなかったり

 

疲れやすかったり

 

筋緊張が強かったり

 

手足が常に冷たかったり・・・

 

 

 

 

 

反対に

常に”リラックスさせる副交感神経”が優位だと

 

アレルギーの症状が多くなったり

 

やる気が起きなかったり

 

うつなどになりやすかったり

 

 

 

 

 

特に現代人は

 

”興奮させる交感神経”が優位

 

になっている人の方が

多いようにおもいます。

 

 

 

 

 

 

 

交感神経優位がいいとか

副交感神経優位がいい

 

というわけでなく

 

お互いが支えあい

働くことがとても重要なんです!

 

 

 

 

自律神経が乱れることによって

 

便秘、肥満、風邪、頭痛、

めまい、生理痛、生理不順、

更年期障害、うつ、肩こり、腰痛なども

 

引き起こしやすくなります。

 

 

 

 

もしかすると

アナタが抱えているその不調

自律神経の乱れが原因かも!?

 

 

自律神経は

先ほども言ったように

 

自分の意思とは無関係に

働いているため

 

一度乱れると自分の意思だけで

元には戻せないんです。

 

 

 

一度乱れた自律神経を

戻すには

 

体内環境を整え

生活習慣を整えることが大事。

 

 

 

 

 

 

当院の治療では

 

骨格調整と鍼灸治療、

温熱療法などを用いて

 

体内環境や体質改善を行い

自律神経の働きを安定させていきます。

 

 

 

自律神経は

背骨の際を通っているため

 

背骨の歪みや

猫背、ストレートネックなどの影響も

受けやすい。

 

 

 

歪みが整い、姿勢が変わると

 

呼吸や循環にも変化が起き

自律神経も整ってきます。

 

 

 

すると

 

寝つきがよくなったり

冷えが改善されたり

 

生理痛が楽になったり

便通が改善されたり

 

痛みが楽になったり…

 

 

 

 

自律神経を整えて

カラダの不調だけでなく

 

ココロもスッキリさせませんか?

 

 

 

一人で抱え込まないで

その悩み一緒に解決しましょう!

 

 

 

初回の流れや料金については

こちらから

https://www.t-conditioning.info/price

 

 

初めての方は

こちらをご覧ください

https://www.t-conditioning.info/guide

 

 

 

 

【人気の記事はこちら】

 

生理痛を我慢するのはもう終わり!

 

ピルを飲んでいる方へ

 

自律神経とカラダ

 

妊活はこれが大事。

 

なぜ不調が続くのか?真の原因は...

 

病院でヘルニアと診断された方へ

 

 

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○

 

ブログ記事を

メルマガとして読みたい方はこちらから!!

 

 

こばやし治療院【佐藤】メルマガ

【自分と未来にこだわる】

https://twelfth-ex.com/rg/134973/3/

 

登録無料!

 

登録後、不要になった際は

配信停止もできますのでお気軽にご登録ください(^^)

 

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○

 

こばやし治療院公式HP

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○

 

 

☎︎:011-299-9952

 

ブログを見て電話しました

と、お電話ください。

 

 

【 こばやし治療院LINE 】 

「最初から電話はしにくい…」と言う方はこちらから。

 

友だち追加

 

 

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○

 

〒001-0016 

札幌市北区16条西4丁目2-1

LEE北16条ビル 1F

 

☎︎:011-299-9952

 

地下鉄南北線 北18条駅

北18条西3丁目1番出口(真駒内方面行き)

北17条西4丁目2番出口(麻生方面行き)

どちらからも徒歩2分