こんなの見つけた。

数日前にアップされたものみたいですね。

梨本宮家と金王朝

$世の中おかしい・・・

この、二枚の写真なんだが、解説はあとでします。で、

飯山の爺さんの書いた本です。簡単に結論を言ってしまえば、現在の北朝鮮主導者である金正恩は、横田めぐみさんの産んだ息子だという説について書かれているんだが、そもそも、横田めぐみさんだけは、理由があって拉致されたのであって、他の偶発的な拉致被害者とは立場が違う、というわけだ。それには、戦前の大東亜共栄圏構想までが絡んで来る壮大なストーリーがあるんだが、ところで冒頭の写真、左側は李方子という人物です。梨本宮家の第一女子であり、結婚までは日本の皇族だった。それが、日韓併合に伴う政略結婚で、李王家の皇太子である李垠と結婚します。1,920年の事です。そして世継ぎを産むのだが、

李垠と結婚して東京にすむことになった方子は、結婚2年後、王子を出産した。

名は晉(チン=しん)と命名されたが、朝鮮側の強い要望により生後8ヶ月の晉を連れて方子は夫と共に初めて1923(大正11)年4月26日、関釜航路の新羅丸で朝鮮に渡った。朝鮮側は夫妻を熱烈歓迎し、2週間帰国行事は滞りなく終わり、明日日本に帰国する日に、悲劇が起こった。

お別れの晩餐会の後、部屋に帰ると、晉が青緑色のものを吐き続けている場面に遭遇することになったのである。そして3日後、激しい雷雨の中わずか晉はわずか8ヶ月の命を終えることになる。日本人の医師達は、急性消化不良と断定したが、「血を尊ぶ朝鮮王家が日本人の血に汚されることを嫌った」毒殺説が流布されることになる。

1931(昭和6)年12月29日、方子は2度の流産を乗り越えて、王子玖(ク=きゅう)を出産、夫は、1935(昭和10)年、宇都宮第14師団歩兵第59連隊連隊長として赴任、1943(昭和18)年には、第1航空軍司令官に任命される。

公式には、男子を二人産んだ事になっていて、女子は記録にない。ところが、昔から皇族では女子は「員数外」であって、嫁入り先にも困るので、こっそり尼寺に入れちゃったりするわけですね。京都には無数の尼寺があって、そういうのって、たいてい皇族と関係があったりする。で、この李方子さんが産んだ女の子が、あの横田めぐみさんの母親である「横田さきえ」さんだ、という説です。言ってみれば、横田めぐみさんは、朝鮮王室と日本の皇室、双方の血筋を引いた、超名門の娘だという事になる。もちろん、李方子に女の子がいたという話はないので、コレは公表されている話ではないのだが、こういう厄介な家柄では、女子の誕生を「なかった事とする」場合があるわけですね。嫁ぎ先にも困るんだから。

ところで、北朝鮮の金王朝なんだが、二代目のジョンイル政権に至って、三代目からその先の「王朝」としての正当性を保証するための担保として、旧朝鮮王室と、日本皇族の血を引く横田めぐみさんを、ジョンイルの「嫁」として欲しがった、というストーリーなんだが、もちろん証拠なんかありません。で、胡錦濤もそれを知っていて、背後で支援しているというんだが、

『胡錦濤の最終目標』とは、簡介すると、中・朝・日・韓による『東アジア共同体』である。

『東アジア共同体(EAU、ドン・ア・コン)』実現の最難関は、2つしかない。
 1.アメリカが東アジア圏から撤退すること。(美国撤収)
 2.日本がアメリカの属国・属領体制からの離脱すること。(脱米入亜)
以上の「二大難関」を乗り越えれば、『東アジア共同体』構想は実現に近づく。
こう、胡錦濤は本気で考えている。「米帝」が去ってくれれば...、
中国の国家的安全が完全に保証されるからである。

そう考えれば、"金正恩の金王朝"への異常な「思い入れと入れ込み」も納得できるだろう。

で、最初の難関は、米国属領=日本の「開放」である。
そのためには、日本人の「植民地根性」を、"ショック療法"を使って治療する必要がある。
この"ショック療法"のなかで最も効果的な臨床技術が《横田めぐみカード》なのである。

習近平が、中国の次期指導者として認められるには、日本の天皇陛下に謁見して、頭を下げる必要があった。歴史が浅く、政権としての「正当性」に薄い北朝鮮や中国にとって、「王室」「皇室」というブランドは、喉から手が出るほど欲しいわけです。北朝鮮の指導者が、日本皇室と朝鮮王室双方の血筋を引く正恩になり、これで北朝鮮は東アジアの正統的なスタイルである「皇帝をいただく国家」としての体裁を整えた。中国ではいまさら清王朝を復権させるわけにも行かないので、ここはまぁ、日本と北朝鮮の2つの権威を認める事によって、東アジア共栄圏の永続的な大黒柱に仕立てようという、まぁ、そんな感じ。もちろん、この話には信憑性もへったくれもないので、信じるも馬鹿にするのもご勝手に。



これを見かけてふと思い出したのが、

そういえばベンが課金情報で同じ内容を流していたな~と。

それを翻訳したっけか?

自分のブログを見直したけれど無いからきっと読んだだけで翻訳はしてなかったらしいw

という事で改めて

3ヶ月前のベンの課金情報のスクリーン・ショットです。

$世の中おかしい・・・


ベンが紹介すると胡散臭いとか、どうなんだか?って思われているんではなかろうか。

この話が事実かどうかはわからないけれど、彼の情報は後になってから確認できるものが多いよね。

AD

コメント(6)