「ヘドバン」最新号Vol.6の話しなのですが、

その前に最近購入した雑誌から。






「オートスポーツ」を買ったのは久しぶりです。

やはりF1へのホンダの復帰は大きいです。しかもマクラーレン・ホンダとして。

第2期ホンダ参戦を夢中で見ていた者として、

今回の参戦、第4期はとても楽しみ。何か中途半端に見えた第3期のようなことは無いと感じています。

シーズン前の各チームのテストレポートを読むのも久しぶり。

レギュレーションが昔とはすっかり変わってしまったので、

もう浦島太郎です。


今は「エンジン」とは呼ばないんですね。「PU(パワーユニット)」だそうで、

(いろんなエネルギー回生システムが付いている為)なんだか寂しい感じもします。

エンジンの素材やら、ギヤボックスも含めた搭載位置やら、本当にがんじがらめの規則の中で、

どのチームもよくやるな、凄いなあとただ感心。


マクラーレン・ホンダとしては1年目なのですが、

最初からトップを狙うべく、非常に攻めたクルマらしいです。

なかなかトラブルも出尽くしておらず、走行距離不足で、本当の全開走行もままならないようなのですが、

果たして開幕戦で完走できるか?そこにまず注目したいです。

そして1周だけでも良いので「速さ」の片鱗を見せてもらいたいものです。

            ・                    ・                     ・


そして待ちかねた「ヘドバン Vol.6」が昨日届きました。

まだBABYMETALに関する記事の一部しか読んでいないのですが、

「新春キツネ祭り」に関するライブレポだけでも凄い量。

それもライターさんによって着眼点が違うので、面白い。

やはり4階のてっぺんで見ていた私と、アリーナから見た景色では相当違ったようですね。

WOWOWでの放送が非常に楽しみになりました。






今回嬉しかったのが、「KOBAMETAL」、そしてなんと「MIKIKOMETAL」へのインタビューが

再び掲載されたことです!

特にMIKIKOMETALへのインタビューはVol.1以来なので嬉しいし、貴重です。(是非読んで!)

そして、KOBAMETALへのインタビューでは、「Road of Resistance」のロンドンでの初披露については、

プロデューサーである本人が考えていたのは勿論、

なんとYUIMETALが熱望していたという驚きのひとことが。

さすが「プロデュース委員長」!








他にもライブCD、BABYMETAL「LIVE AT BUDOUKAN~RED NIGHT~」と、

ダウンロード音源「Road of Resistance」への6人によるレビューもあります。

ここでは「阿刀"DA”大志」のレビューが面白かったです。

余りにBABYMETALが好き過ぎて、辛口のレビューになっているのが、分かる分かる!という感じ。

色々な所でライブCD、BABYMETAL「LIVE AT BUDOUKAN~RED NIGHT~」の

感想を見るのですが、読んだ中では、こちらの方の感想が一番的を射てる感じで好きです。

以前にも紹介したかと思いますが、「眠る海亀」さんのBLOG。

http://nemuru-umigame.blogspot.jp/2015/01/babymetallive-at-budokan-red-night.html


濃い「ヘドバン」の中でも、これは最高!と思ったのが、

1月10日、SSAの公演終了後に阿佐ヶ谷ロフトAで行われたイベント、

ヘドバン大新年会「新春ヘドバン祭り」(笑)レポ。

ヘドバンライター陣のみならず、タワーレコード嶺脇社長、更にはなんと「神バンド」の面々までが

参加したというこのイベント。

嶺脇社長からは「東京ドーム」という言葉が飛び出し、参加者の深い賛同を集めたり、

参加者からの「特に演奏が難しい曲は?」という質問には、

BOH氏、大村氏がその場でどんどん該当箇所を演奏し出すという、大盛り上がり大会。

あああ。行きたかったよー!!!(泣)






是非是非、BABYMETALファンの方も、まだファンじゃないけど、気になる方も、

買って読むことをお勧めします。

買ってしばらくしてから、1ページとか、半ページとかの細かい記事を読みなおすと、

メタルへの熱い情熱を感じてまた楽しめるという、大変お買い得な(笑)、雑誌DEATH!!