こんにちは。


過去を振り返って書いてます。


2021年  2月11日





手術の後だ心配でしかたなかった。
だが会えない。

一応担当のH先生からは、元気ですと連絡はあったがラインを送っても既読にならない。

絶対にしんどいはずだ。


2021年  2月12日


心配でK大学病院ナースステーションに電話した。

次男は頭が痛くて食欲がないらしい

頭の痛み止め点滴も2本から3本に増えた。


この頃 私も嫁さんもネットで色々調べた。


とにかく、手術をするならどう手術するのか、どのような手法があるのか どんな装置を使うのか調べに調べつくした。


K大学病院が本気で次男を救ってくれるか 本気で見極めなければならない。



K大学病院で脳腫瘍の手術をした家族にも色々話を聞いた。



脳神経外科ではないがK大学病院で働いていた医者にも話を聞いた。







病院任せにしては絶対にいけない


そう思っていた。