こんにちは、

 

ヒーラーのHIDEKOです。

 

今日から4回で、母と子供の関係についてをお話ししたいと思います。

 

と言いますのも、セッションを受けられる方の多くが、

 

ほとんどと言ってもいいのですが、

 

この母子間のことが根底にあるからです。

 

 

今日はその①、

 

全ての問題はインナーチャイルドの問題である

 

です。

 

 

 

 

 

子供が育つ過程では、母親の愛情を目一杯に受ける、浴びるように受けることが必要な時期があります。

 

何をやっても、お母さんが(または代わりとなってくれた祖母、姉、おばなどの存在でも大丈夫ニコニコ)無条件の愛で包んでくれることが、健全なパーソナリティを育むには不可欠なんです。

 

お腹の中から、乳児期、幼児期2〜3歳ごろまでのその段階を経て、

 

世界がお母さん、お父さんだけではないと分かってくる段階へと向かいます。

 

 

しかし、どれほどの親が無条件の愛で子供を包んであげることができるでしょう。20代、30代、最近では40代(それ以上の方も)のお母さんたち自身が、未だ自分を見つけようしています。

 

 

また、子供を授かることを望まない人も多く、それは本人の自由ではあるのですが、その根底に、「私の子供だとかわいそうだから」と思っている人が少なからずいらっしゃいます。魂の計画で、子供を育てることがある方でさえ。

 

 

 

心を扱う専門家の間でも、このお腹の中にいる時期から乳幼児までの時期に愛情をどのくらい受け取っているかが大切だという視点を持っている人は、少ないと言われています。

 

 

 

 

さて、自分自身を取り戻す時、

 

ある程度までくると、

 

私たちは、インナーチャイルドを扱い始めます。

 

インナーチャイルドを扱っているセッションとしては、

 

インナーチャイルドセラピー

ヒプノセラピー

ゲシュタルト療法

 

などがあります。

 

 

 

子供時代の過干渉、あれもこれも子供には何も決めさせない親、

 

逆に、無関心、無感情な親も。

 

どちらも、

 

自分の子供には、

人格や人権などなく、自分のもののように扱ってしまうことが原因として挙げられます。

 

 

 

玉ねぎの皮を一枚一枚向いていくかのように、

 

自分自身を取り戻していくことになります。


 

 

 

そこにあるのは、めくってもめくっても、

 

 

お母さんとの関係なんです。

 

 

そう、何をおいても、母と子供。

 

 

 

 

こう言って言い過ぎではないと思います。

 

全ての問題はインナーチャイルドの問題なんですね。突き詰めて考えてると、あなたの目の前の問題は、ここから始まっている。

 

 

それ程インナーチャイルドの癒しは大切です。

 

 

 

 

明日は、承認欲求がほとばしる!です。

 


ふんわりウイング8/8満月の瞑想会
ふんわりウイングスピリチュアルリーディング・・・ドルフィンスターテンプルの透視セッション
ふんわりウイングインナーチャイルド・・・全ての問題はインナーチャイルドの問題!
ふんわりウイングサブパーソナリティ・・・現実が動かない時は、副人格(サブパーソナリティたち)が本来の役割からおりている状態。
ふんわりウイング過去世退行セッション・・・今と同じことを過去世でも。繰り返してきたパターンを癒す。

 

 

 

 

 

ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

今日もありがとうございました花束花束

 

AD