かめむし

テーマ:

マルカメムシという5mmくらいの茶っ濃いカメムシがいる。以前ツーリングに行った時にも嫌な思いをさせられたカメムシ。

冬越しのためなのか部屋の中に入ってきていたようで、夜になって飛んでいるのに気がついて、天井に止まった瞬間に新聞紙で叩き潰した! やったー と思ったら、その後から降り注ぐあの カメムシのかほり・・・・・。

にゃんこはなにごとかとあたり一面 くんくんかぎまわるし、俺は臭くて窓開けて深呼吸。

みなさん、部屋に入ったカメムシを叩き潰さないようにしましょう。  しかし、これで二度目だ・・・。

学習しないと  とほほ

AD

今回の旅で行きたかったアラートンガーデンに最終日に行けました。ツアーのみなので飛び込みで入って、OKだったのだ。それも日本語のしゃべれるガイドさんなのでよかった。でも、日本人は俺だけ・・・。

garden1

ガイドのジョンさんです。このガーデンをもっと日本人にも見て欲しいですといっていた。でも、結構ここは有名なのです。それは・・・。

jyon

この木です。これはあの、ジュラシックパークで恐竜の卵が産み付けられていて、生まれて足跡がついていた場所なんですねぇ。さすがに足跡はありませんが・・・。ベルギーから来たカップルが中に入って写真を撮っていました。

park

不思議な波波した石の囲いの中をやはりちょっと水に動きをつけて流していました。

garden2

なぜか、しゃちほこがあった。ガイドさんによれば名古屋のしゃちほこ有名ですね~と、皆に言っていた。なぜここにあるかは別として、このガーデンの灌漑施設など作ったのは日本の人だそうで、戦争になったときはこの奥にある白い建物に移り住んでいたそうです。

syachi

AD

途中、馬が放牧されているところがありました。広いのでのんびりしているようでしたね。

uma

馬の居た、反対側に少し入ると海岸があって、やはり泳げないが観光客かな?数人が遊んでいました。

umi

昼は、このような車があると止めて、ビーフハンバーグや、シュリンプ????なんとかを食べてます。一個でボリュームがあるので、おなかいっぱい。

bus

カウアイ島は伝説がたくさん合って、この岩も、そのひとつです。長くなるので省きますが、面白いところに岩が立っていますね。

densetu

この花は白くて中々かわいいと思ったのですが、今までかいだ香りの中でも最悪最凶でした。ごみのほうがましと思えるくらい、鼻の中にまとわりついて脳みそまでしびれるくらいでした。逃げても後を追っかけてくる気がしましたね。

but


AD

この日はカウアイ島の景色の中で雄大さを感じさせる場所に行ってきました。長い時間をかけて世界で一番の降水量により侵食された山肌です。

keikoku2

この場所の反対に見える滝のアップです。

taki

こちらはさらに頂上へ行ったところにある場所で、行った場所は霧雨でしたが、写真の写っているところは晴れています。その奥に見える海の青さがとても綺麗でした。

keikoku

さて途中には必ず鶏がいて、なんどもクルマで轢きそうになってしまいます。野良猫ではなく野良鳥です。ちょっとみにくいのですがひよこがかわゆいのです。

niwatori

ハワイの州鳥のネネです。一時は絶滅するほどに激減したそうですが、現在は大丈夫なようです。首の周りがなんだかさわり心地が良さそうでした。あまり近づかなければ、警戒しないようですが、なんだよおまえという感じでカメラを見ています。

nene


3日目は今回の目的のひとつのアラートンガーデンを見に行くことでした。途中海が見えては、駐車場に入れて、写真をパチリ。中々目的地にいけません。

kesiki

そうそう、この場所にくる前に、このカウアイ島で有名なツリートンネルも通りました。このときは雨交じりで、行き交う車は水しぶきを上げて通り過ぎてゆきます。

tonnel

でも、しばらくすると上の写真のように晴れてくるのです。天候の変わりが結構めまぐるしく感じました。

さて、植物園に到着と思ったら、金曜日まで事務所の整理でクローズ。ぐわーん・・・。

しかたないので、すぐそばの潮吹き穴を見ました。

hole

もうひとつそばではないが、モアガーデンというところがあるのでそこへ行って見ましたが、サボテンや多肉植物がすごい植わっているのですが・・・。今ひとつのような気がする。まあ、花の写真を撮って、帰ってきました。

woodrose bulejinjya

3日目は車の運転で遠出しただけの一日で終わってしまった・・・。


合間

テーマ:
秋が深くなってきた。夜が涼しすぎて、昨日の夜は非常につらかった。なんせまだ毛布だけ。毛布3枚重ねても、いつのまにか1枚になっていて、それも太ももだけしかかかっていなかった。うーむ、なんだか、のどが・・・ や・ば・げ?

朝起きて、海辺をちょっと散歩したり、すると絵葉書風の写真を撮りたくなって色々撮ってみます。

sea2      sea1

ホテルの側ですぐに見える山です。岩肌が見え、すごいですな。

yama2

カウアイ島は映画で使われていることが多く、最近ではジュラシックパークが有名ですが、この写真はダスティン・ホフマンとレネ・ルッソが出演したアウトブレイクという映画のアフリカの現地で病気が出た村のシーンの撮影に使われた場所です。

out

そのそばで見ることができる滝です。オパエカエ滝といいます。

taki

よく見かける鳥でした。芝生の上でちょこちょこ歩き、餌を探していました。

bird2

2日目の今日は、有名なシダの洞窟に行ってみようと、思いまずは朝飯にマックに行きました。コーヒーはSサイズなのに、Mサイズよりもちょい大き目かな、うーん さすが アメリカ。

mac

シダの洞窟に行くには、ボートで行きます。専門のボートの会社があってそれにまとまって乗ってゆきます。さてボートにゆられながらハワイアンの演奏があり、フラダンスを披露してくれます。そのうちに全員でフラダンスをやるのです。いやーまさか自分もやるとはおもわなんだ。

lady

ここが、シダの洞窟です。梅宮辰夫ご夫妻が結婚したところでも有名です。かつては高貴な人たちだけの場所だったようです。ここで結婚すると一生食べ物に困らないという言い伝えがあるそうで、なるほど、梅宮さんは困ってないなと・・・。ガイドさんも言っていた。ちなみにこのシダはボストンファンです。梅宮さんが挙式をしたときは3~5mほどあったそうですが今は2.5mくらいだそうです。

cave

途中にいくつか落ちていたククイノキの実です。中に2個の大きな種が入っていて、それをぴかぴかに磨いたものがネックレスに使われたり、さらにその中の核の部分は油分が多いので乾燥させて、芯をつけるとろうそくの代わりになったそうです。だから英名はキャンドルナッツと呼ぶそうな。

nuts

ここに来るまでの川は幅が広いので水上スキーをする人や、カヤックなどを楽しむ人も多いところです。

boat

大きな口をあけた巨人が横たわっているといわれるところです。どこが口だかわかります?

kyojin

側で咲いていたクラウンフラワーです。白花もあります。

crownflower

ハワイ 9月26日 2

テーマ:

ホノルルで税関で検査したあと、今度はアメリカの国内線なんですよね、アメリカの人には国内線。海外の人のはどちらも国際線に感じます。アロハ航空を利用しました。こちらはシートは先着順で、早い者勝ちということでした。シートの写真です。古めかしいシートです。

seat

空港で待っているときに食べたスタバのシナモンロール。日本のものより一回り大きい。これ一個でおなかいっぱい。

starba

泊まったホテルの概観です。豪奢な感じがなく、古いものを大事にしてる感じかなぁ。いくつかの棟があって、それぞれにハワイの島の名前が付いています。私はマウイでした。

hotel2

でも、このホテル、実は売りに出されてるのかな、FOR SALE と・・・。

hotel

ハワイといえばハイビスカス。この白いハイビスカスは香ります。原種はもっと強いのですが、こちらはそれをやさしくした香りです。他の色は香りませんが、ぜひ鼻を近づけて嗅いでみてくださいな。

hibiscus

ハワイに行ってきました。ホノルルは経由で、カウアイ島です。一人旅だし、車で移動なので、あまり移動距離のないところで、選んだのです。しかし、海外一人っつうのも、どきどきしますな。

plane

事前にコンパクトカーで頼んだのに、全部出払っていて、3.5L?の自分では結構大きい車になってしまいました。料金はコンパクトのままですが。よかった。  でも運転は最初こわかったっすな。なんせ右側だし、左ハンドル。

car

ホテルの中です。一人なので十分広いです。

room

ホテルの外はすぐそばに海があります。泳ぐことはできませんが、この日は晴れわたりいい波音がきけました。

beach

小さいハトです。慣れてるわけではありませんが、かなり近くまで寄っても平気。ハワイの鳥ではないそうです。結構鳥を見かけましたが、桜文鳥だったりともともと飼われたものが野生化したもののようです。

hato