女優の星由里子さんの訃報を 朝のネットニュースで知ってびっくりしました。星さんとは1989~92年までのまる4年、読売テレビの局アナ時代に「2時のワイドショー」で司会をご一緒しました。今日昼の「ミヤネ屋」でも当時のVTRが流れていたようです。




この大阪発の全国ネット番組は、ミヤコ蝶々さんの「夫婦110番」や「神田川料理道場」、京唄子・上沼恵美子さんのトークバトルなど関西色がとても強いのが特徴でした。松井P(写真の人)にくどかれて司会初挑戦の星さんは最初は戸惑っていましたが、持ち前の勘と努力ですぐになじんでいき、出演者のアドリブにも見事に対応していました。





番組開始時、星さん46歳で僕は36歳でした。京都の家から毎日 京阪特急でスタジオ入り。お姑さんがつくったお弁当を よく出演者ヤスタッフにもふるまってくれました。いまのご主人との京都での盛大な披露宴の司会も担当させてもらいました。





近年は大阪で舞台出演の時などは、よく楽屋にもお邪魔していましたが 闘病中とはまったく知りませんでした。もうあの笑顔とよく通るすてきなお声が聴けないかと思うと残念でなりません。ご冥福をお祈りします。

なお、星さんとの思い出は あすのKBS京都ラジオ「羽川英樹の土曜は旅気分」な中でも たっぷり喋らせてもらう予定です。