ご報告

テーマ:
《ご報告》

3月までで7年間働かせていただいたmaxFUKUOKA中洲店を退職する事になりました。


オーナーとは僕が学生時代に出会い「ヒデが大学卒業後ダーツで頑張っていくなら福岡店出すからそこで頑張れよ」と声をかけてもらい、僕の卒業と同時にオープン。

プロとして活動しやすい環境を整えていただき、色々ありましたが今では最高のスタッフやお客様にも恵まれ、
自信を持って日本一恵まれた環境だったと思います。


8年前、学生でプロになりたての僕の夢は
「優勝したい」
「有名プロになりたい」
「ダーツだけで生活したい」
でした。

完璧だとは思いませんが、”学生の頃の自分“からすると今の僕の生活は目標であり羨ましいモノだと思います。

が、

”今の自分“は最近の勝てない自分へのモヤモヤした感覚がどうしても気になっていました。
レーティングも下がり、たまにJAPAN16には残るけどそうじゃない感じ。

30秒ルールもまだ気になるし、対策として投げ方を変えてもやっぱりしっくりこない。

勝てるようになるには...

次々と開催される直前の試合に向けてその場凌ぎの調整を繰り返すよりも、今は試合に出ずに長期的にしっかり自分の練習をする環境がほしい。



考えていくうちに、
バカバカしくも自分らしい、ワクワクするような方法を思いつきます。

少しビビリながらオーナーに相談しました。


「出会ったあの頃から変わらずヒデの人生自体を応援してるよ。やりたい事があるならやりなさい。」

器が大き過ぎる。
本当に嬉しい言葉でした。



4月からはJAPANの出場もお休みして、
ラスベガスに修行に行きます。

向こうの知り合いのお家にお世話になり、そこにあるダーツで1人で納得いくまで練習です。
自分が試合で通用するって思えるレベルに達して、プロなりたての頃の様に誰よりも強いと信じて試合に復活したいと思ってます。


そしてもう1つ試してみたいことがあって修行の場をラスベガスを選びました。


最近ハマっているポーカーです。
世の中にはポーカーだけで生計を立ててる人が結構います。

観光ビザで滞在できる3ヶ月間、しっかりやってみてそれで自分がポーカーで収支がどうなるのかを試してみたいんです。

なんーだ結局遊びか。と思った人もいるでしょうが違います。


もしポーカーで生活費が稼げると判断したら、ラスベガスから帰って来ずにヨーロッパに飛ぼうと思ってます。

JAPANに復活するのは長引きますが、ポーカーで生計を繋ぎながらダーツの本場でスティールダーツに挑戦したい思います。


お金もかかるし日本の様にダーツで稼ぐのも難しいでしょうからヨーロッパで稼ぐ術がないと長期で挑むのは難しいかなーと思い、色々考えた結果ものすごくバカな計画に辿り着きました。笑

この計画を「ヒデっぽいな、応援してるから頑張れよ」と理解してくれたmaxのオーナー、全てのスポンサーさんに本当に感謝しています。


ポーカーで稼ぐのがやっぱ無理だと思えば3ヶ月で帰って来ますが、上手くいけばいつ日本に帰って来るのか自分でも分かりません。

仕事を辞め、家も引き払い、収入0、友達にも会えない、英語も全然分からない。
めちゃくちゃ楽しみですが、正直人生で1番不安でドキドキしてます。

寂しがりなので皆さん最後にmaxFUKUOKA中洲店に会いに来てください。


オープンから7年間maxFUKUOKA中洲店で働けた事、人生の財産だと思っています。
学びも多く、毎日が楽しくて幸せでした。

maxで関わってくれた皆さん、本当にありがとうございました。



maxで働く事も、辞める事も、JAPANも、新しい挑戦も...

                        全て自分で選んだ道

プロとしてかなり異質な動きになりますが、ダーツが大好きでダーツ中心に人生が動いてます。

全力でやります!
これからも応援よろしくお願いします!!

店ができて初めて中に入った日



オープンの日にインストラクター2人で



りょう君出勤初日



ベロベロで当時のスタッフ達と



こーちゃんがスタッフになった日



このメンバーで頑張るぞーって気合い入れた2周年



りょう君こーちゃんインフル...ゆりかおだててお通し作らせたなー



初優勝で思いっきり調子に乗った日



タマさん還暦トーナメントも盛り上がったなー



6周年トーナメントの朝



りょう君企画マグロの目玉イベントが盛大に滑って賄い3日連続マグロの目玉



平日の夜に企画したアンダーvsオーバー ダーツで1番盛り上がったのこの日かもなー



幸せに酔っ払った日が山ほど